現代を代表するヴァイオリン界の逸材、諏訪内晶子が待望のバッハ:無伴奏ソナタ&パルティータの全曲録音を完成させ、2021年11月24日(水)に発売されることが決定した。 初回限定盤SACDハイブリッドと通常盤UHQCDの2形態で発売となる。 

1990年に史上最年少でチャイコフスキー国際コンクールに優勝。その後1990年代から約30年間にわたりストラディヴァリウスを演奏して世界の聴衆を魅了し、数々の名盤を残してきた諏訪内が、昨年、縁あってグァルネリ・デル・ジェズの名器「チャールズ・リード」と出会う。世界がコロナと闘う中、静かにこの楽器と向き合い続け、CDデビュー25周年を迎えた今年、6月&7月、オランダにてバッハ無伴奏の全曲録音を完成させた。 

初回限定盤のブックレットには、以前より諏訪内と親交のあった阿川佐和子による「新たな恋の始まり」を掲載。阿川に諏訪内が語った楽器「チャールズ・リード」の魅力が軽妙な語り口で綴られた魅力あふれるライナーとなっている。 

「“ドルフィン”に比べて、 “リチャード・リード”はサイズが少し小ぶりで、幾分ざらっとした人間味のある深みのある音が特徴」と諏訪内は語る。 

そんな音色の違いも余すところなく味わえるよう、初回限定盤はSACDハイブリッド仕様。通常盤は高音質UHQCDでの発売となる。 なお、初回限定盤には通常盤と絵柄の異なるスリーブケースも特典としてついてくる。 

また、来月からは来日ツアーの開催が決定。10月15日(金)の下関を皮切りに全国7会場でバッハ無伴奏作品のリサイタルが行われる。 

諏訪内晶子  (C)Yoshiisa Marutani

諏訪内晶子 (C)Yoshiisa Marutani