2021年11月3日(水祝)〜11月4日(木)東京芸術劇場 プレイハウスにて、『トキワ荘のアオハル』が上演されることが決定した。

数知れぬ著名な漫画家を輩出した伝説のアパート「トキワ荘」。本作は、東京都豊島区南長崎三丁目に存在したトキワ荘をモチーフにした現代コメディ劇だ。

としま文化の日関連事業として、トキワ荘マンガミュージアムの協力のもと、ザ・プラン9の久馬歩・トキワ荘愛溢れる構成作家寺本覚による脚本・演出で2021年のトキワ荘(劇中:トキワ寮)に住む夢を追う若者たちを描く。

主演は、舞台『火花 -Ghost of Novelist-』では主人公の徳永、神谷を演じた植田圭輔、石田明が今度はコンビ漫画家としてタッグを組む。

植田圭輔

植田圭輔

石田明(NON STYLE)  (C)吉本興業

石田明(NON STYLE)  (C)吉本興業

そのほか、松島勇之介、竹若元博(バッファロー吾郎)、河本準一(次長課長)、矢部太郎(カラテカ)、しずちゃん(南海キャンディーズ)、 坂本純一(GAG)、福井俊太郎(GAG)、宮戸洋行(GAG)、松浦志穂(スパイク)、小川暖奈(スパイク)、太田夢莉、西村竜哉、福田転球。また、11月3日に天竺鼠、11月4日に野性爆弾がゲスト出演する。

松島勇之介

松島勇之介

太田夢莉  (C)Showtitle

太田夢莉  (C)Showtitle

2021年のトキワ荘(トキワ寮)には声優・写真家・ミュージシャンなど様々な夢を追う若者が暮らしており、それぞれのやり方で存続の危機を迎えるトキワ荘を救うべく奮闘していく。

【あらすじ】
豊島芸術大学の学生寮『トキワ寮』。
漫画家、声優、ミュージシャンなどを夢見る若者たちが今日もにぎやかに暮らしている。
かつて同区に存在した伝説の「トキワ荘」のように夢をもった若者が才能をぶつけあう場になってほしいという願いから命名されたが、中には「トキワ荘」と間違えて入ってくる学生もいるとか。
その中には“アオヅカハルオ”のペンネームで多くの漫画賞を獲得し、“新人賞あらし”と呼ばれる二人組がいた。
現役大学生漫画家として名を広め、デビューも決まっていたが卒業を前に、1年間は好きなことをやろうと青塚がコンビ活動休止を提案。
二人で住んでいた1つの部屋には仕切りができる。
そんな時、大学のキャンパス移転にともないトキワ寮の閉鎖話が浮かび上がる……。