ohashiTrio HALL TOUR 2021〜NEW WORLD〜 2021.09.19(SUN) NHK大阪ホール

9月19日(日)にNHK大阪ホールにて、大橋トリオの秋ツアー『ohashiTrio HALL TOUR 2021〜NEW WORLD〜』が開催された。開演前の会場には、スタイリッシュでメロウなジャズサウンドが静かに流れていた。密を避け、一席づつ席を空けて座る観客たちは、ほとんど言葉を交わすことなく、穏やかに開演の時間を待ち続けている。

大橋トリオ

大橋トリオ

やがて静かに場内の照明が落ちると、会場のあちこちから響く鳥のさえずりのような音がいっそう大きくなった。これは、木をひねるとピヨピヨと鳥の鳴き声のような音が鳴るトリオエコー(※大橋トリオのグッズ)の音。観客たちが歓声の代わりに鳴らしているのだ。まるで森の中にいるような空間の中、ステージにバンドメンバーが現れ、最後に大橋トリオこと大橋好規が登場。大きな拍手が沸き起こる中、大橋が肩にかけたギターを爪弾き始めたのを合図に、鼓動のようなドラムが重なり、「A BIRD」がスタート。青い光が照らすステージから、やわらかな歌声が温かに響き出す。

照明が赤に変わると、「Paradise」のスリリングなリズムが押し寄せる。赤く染まったステージの上、演奏は徐々に熱を帯びる。続いてソウルファンクなグルーヴを奏でた「Butterfly」では、THE CHARM PARKがアウトロで熱いギターリフを響かせ、大橋がその様子を見て微笑む。今回のツアーは、東京公演と、この日の大阪公演の2公演のみ。だが、東京公演でも見事な演奏を披露した気心知れたバンドメンバーとの息は、言うまでもなくばっちりだ。

大橋トリオ

大橋トリオ

「こういうご時世なので(観客は)声を出しちゃいけないけど、席から立つのと手を叩くのはいいんですよ。ピヨピヨを持ってる方は鳴らしてください(場内から一斉にピヨピヨピヨピヨ)。とはいえ、ここからは立たない方がいいと思う曲が続くのですが(笑)、精一杯音楽を楽しみましょう」

ジャジーで美しいナンバー「Favorite Rendezvous」の演奏前に、大橋が笑顔で観客にそう話しかける。前回、大橋トリオがここ、NHK大阪ホールのステージに立ったのは、今年1月に開催された『ohashiTrio HALL TOUR 2020〜This is music too〜』。本来、全11公演が開催される予定が、東京と大阪の2公演のみの全国ツアーになった同ツアー。待ち望んでいた観客たちの失望。音楽業界を覆う先の見えない状況。大橋自身も大きなショックを受けていた。今回も東京と大阪のみの全国ツアーだが、アコースティックギターに持ち替えて歌うこの日の彼の笑顔はとても晴れやかだった。

「マイク1本のコーナーがやって参りました」

大橋トリオ

大橋トリオ

大橋の声を合図にスタートしたのは、ツアーではお馴染みのアコースティックコーナーだ。聴き覚えのあるリフから始まったのは、なんと、関西発信の人気番組『探偵!ナイトスクープ』のテーマ曲! しかも、大橋の歌声はここまで披露された曲の中でいちばんの熱量だ。「今さならながら『ナイトスクープ』にハマってる」という大橋の発案で披露されたそのまさかの選曲に、マスクの下のクスクス笑いが止まらない観客。「僕、(兵庫県)西宮市生まれなんですが、母親が里帰り出産しただけで。なんで大阪に生まれなかったんだろう(笑)」と、クールそうな印象も強い彼のユーモアに、場内の空気がたちまちほどけていく。自身の曲「CLAMCHOWDER」とスティーヴン・ビショップの「Little Italy」のカバーを続けた後は、再びバンドスタイルに戻り、「LION」、「赤い傘」を披露。穏やかに始まった「赤い傘」の演奏は後半、一気に熱を増していく。

大橋トリオ

大橋トリオ

「最初にやりそびれた、立つという行為をやってみませんか? 踊るのも大丈夫。最後に楽しくノってもらって思い出作りをしてもらえたらと、「おもてます」」。

最後の一言を関西弁のイントネーションで告げた大橋の言葉で、「HONEY」がスタート。ハチミツ色の光の中、場内が心地よい熱気に包まれると、その勢いのまま、続けて「恋するライダー」に突入。この日いちばんのグルーヴィーな演奏に、観客たちは楽しそうに身体を揺らしている。

大橋トリオ

大橋トリオ

そして、本編の最後として披露されたのは、「The Day Will Come Again」。青い光の中、アコギに持ち替えた大橋が歌う。

<サヨナラもう迷う事はなく またここから愛が始まる>

「我々(音楽家)はライブをやってなんぼ、ですからね。アルバムの曲もツアーで何回も演奏をして(身体に)染み込んでいく。それがやれてないから(アルバムを出した実感が)ピンと来ない」。この日のMCで、そんなふうに話していた大橋。それでも、その葛藤を抑えきれずにいた春のツアーを思うと、この日の彼の表情は明らかに違って見えた。

アンコールで再びステージに登場した大橋は、立席したままの観客の姿に、「正解です。そのままで」と、微笑む。神谷洵平のドラムと観客の手拍子を合図にスタートしたのは、「僕らのこの声が君に届くかい」。曲の途中、ピアノの小林創、ギターのTHE CHARM PARK、サックスの武嶋聡、ベースの須長和広、ドラムの神谷洵平、そして、ギターを抱えた大橋という、強者演者たちが次々とソロを響かせる。メンバーがステージを去った後、大橋が一人、ピアノに向かう。窓に差し込む夕日のような照明の下、ツアーの最後を締め括る曲として披露されたのは、思い出だけを抱きしめて眠る歌、「Dearest Man」だった。

大橋トリオ

大橋トリオ

その時、その空間でしか味わえない生の歌や演奏。その感動を知らない人には、きっと何をどんなふうに説明しても伝わらないのかもしれない。けれど、それを知っている私たちにとっては、音楽家たちが歌い奏でる思いや熱を、共に味わうことができるライブという時間と空間は、時に何ものにも替え難い「生きる糧」になる。もろく脆い存在である私たちにとって、音楽は確かな希望のひとつだ。

「幸せだったー」

終演後、そう小さくつぶやく観客の声がふと耳に飛び込んできた。この日、ステージを去り際に大橋が最後に言った言葉は、「ほな、また」。次の約束まで、私たちはきっと、今日の余韻を胸に生きていける。

大橋トリオ

大橋トリオ

取材・文=早川加奈子 撮影=渡邉一生