9月21日(火)『K-1 WORLD GP 2021JAPAN〜よこはまつり』横浜アリーナ大会の一夜明け会見が行なわれ、野杁正明、シナ・カリミアン、佐々木大蔵、村越優汰が登壇した。

各選手のコメントは以下の通り。

【野杁正明】
「昨日は有言実行できた、充実してた、いい一日だったなと改めて思いました。1回戦、準決勝は、戦前からずっと『実力差を見せつける内容にする』と言っていて、それが実行できた。合格点をあげられる試合だったんじゃないかなって思ってます。

決勝は、本当は1RでKOしたかったんですけど、無理して1Rから攻めるともちろんリスクもありますし。それはセコンド陣と直前に対策を練って『3Rかけて倒せばいいよ』と言ってたんで。試合を見ても、ちゃんとセコンド陣とのやり取りも出来てたんで。作戦通りに進められてよかったなと思いましたね」

――今後、チャンピオンとしてどのような展望を持って戦いますか?

「そうですね、もちろん圧倒的な強さを見せつけなければいけないなと思いますし。今、僕がベルトを持ってますけど、世界一かと言われたら、この階級には海外の強豪がまだまだたくさんいるんで。ジョーダン・ピケオーもアンサーしてくれてますし、他にもこのベルトを狙ってる選手はいるんで。僕が言っていた通り、このベルトを賭けて世界トーナメントをやりたいと思ってます。

K-1のトーナメントは今、8人トーナメントなんですけど、昨日のトーナメントを見ても無理して8人にする必要はないのかなと思いました。1日3試合は疲れるっていうのもありますし、階級や内容によっては4人トーナメントもありかなと。4人トーナメントならトータル3試合じゃないですか。1日に2階級出来ますし、1日に2つのトーナメントを見れるのも贅沢だと思います。僕がチャンピオンになってどんどん発言することで、今のK-1にない新しい可能性を見い出していきたいなと思います。そういったところをどんどん期待していってほしいな、と思いますね」

――昨日は日本人選手相手にあれだけの倒しっぷりを見せて、それまでは外国人選手をなかなかKO出来なかったのは、打たれ強さとかフィジカルの差?

「それは記者の人たちに(階級を上げてからKOが出来ない、と)散々言われてて(苦笑)、それが悔しかったんで、今回フィジカルを鍛えたんですよ。それが今回の結果につながったんで、今、外国人選手とやっても全然KOする自信はありますし。これから、さらに強くなった僕の戦い方を楽しみにしてほしいな、っていう気持ちはありますね」


【シナ・カリミアン】
「昨日の試合は自分自身、リラックスして楽しめた試合だったと思う。国内外の友だちから、試合内容がすごく良かったと聞いている。まだ自分の試合は見ていないが、早く自分の試合の映像を見たいと思う」

――今後どんなプランを持って戦っていく?

「過去誰もヘビー級・クルーザー級の2冠を成し遂げたことはないので、その初めての選手として2冠を獲りたいと思う」

――延長でわざと京太郎のパンチを顔面に受けるようなシーンがあったが

「試合中にガードを下ろして、京太郎に見せて、ボクシングのチャンピオンならチャンピオンらしくパンチを打ってこいと(誘った)。何度かパンチを顔面に受けたが効くことはなかったので、そういった意味でああいう風にノーガードにしてみた。そこで京太郎が打ってくることはなかったけどね。あとは今回試合前に右足のつま先を骨折していて、蹴りを使うことができなかった。なので今回はキックではなくパンチがメインの試合運びとなった」

――京太郎が試合前に「バックハンドブローでしか倒せない」と挑発していたが、それに対していろんな技を見せたいという思いはあった?

「彼は試合前からバックブローしかないと散々言ってきたが、昨日の試合で彼もちゃんとわかったと思う。自分自身バックブロー以外にもちゃんとした技術を練習していて、彼に何もさせず完封できた試合だったと思っている」

【佐々木大蔵】
「元同門ということで健太との3分3R、そして横浜アリーナの地で戦えたというのは自分にとってもいい経験になりましたし、今後に活かせる財産になりました。ありがとうございました。試合を進行している中で実際に戦っている時とさほど変わりはなかったんですけど、ダウンを奪ったり、いつも見えないような姿を見られたというか、自分で凄くリラックスしたパンチを打てたなと改めて思いましたね」

――最後は蹴りをほとんど出さずにパンチで打ち合っていたが?

「健太はボクシングが凄く上手だっていうのを知っていたので、ボクシング技術をベースにしながら練習を積んできたんですけど。最後はいつもだったら安全運転というか、打ち合わない場面でも打ち合ったっていうのは、健太の熱に引き寄せられてというか、ここで応えてやるぞというか。上回ってやるぞという中途半端な気持ちになりたくなかったっていうことで、自然と背中を押されましたね」

――試合後に林選手とどんな会話をした?

「健太も終わればノーサイドというかお互いを称え合う形で、近くに飯でも行こうと、そんな話をしてましたね。お互いに良かった部分、こうだったねとかそういうような話をしました」


【村越優汰】
「昨日の試合は試合前から言っていたとおり相手に何もさせないで完封できたかな。有言実行できたかなと思います。目立った攻撃をもらっていないので、理想の戦い方ができたかなと」

――判定マシーン vs KOマシーンという呼び名がありましたが、この呼び名について

「いいと思います。自分でもう判定マシーンと言っているので、判定マシーン貫こうかなと思っています。それが俺のキャラになってきました。人それぞれ味があると思うので。俺には俺の味があるし、俺はしっかり判定までいって技術テクニックを見せて、3分3R相手を調理して魅せるところが俺の戦い方なんで」

――昨日の調理の出来映えは?

「昨日の調理は結構いい出来だったですね。70〜80点くらいですね」

――熊田曜子さんに続いてスペシャルラウンドガールと並んでニヤニヤしていましたが

「エロイなと(笑)はだけてると目がいっちゃいますよね(笑)」