2021年10月9日(土)に発売される、里中将道 1st写真集2冊組「Laugh」「ROUGH」の表紙ビジュアルが解禁された。また、10月17日(日)に行われる、インターネットサイン会の詳細も決定した。

里中将道は、『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle- Rule the Stage -』躑躅森盧笙役、ミュージカル『黒執事』〜寄宿学校の秘密〜 ロレンス・ブルーアー役など、多くの舞台やテレビドラマに出演。また、今後も10月に音楽劇『キセキ-あの日のソビト-』、22年1月には歌劇『桜蘭高校ホスト部』に出演予定など活躍している、今年27歳になる注目の若手俳優のひとりだ。そんな里中が初めての写真集を発売する。

タイトルは「Laugh&ROUGH」、「Laugh」と「ROUGH」、それぞれのタイトルで分冊された2冊子をあわせて一冊という仕様の写真集だ。

里中将道

里中将道

「Laugh」は「毎日を頑張りながら里中を応援してくれる人を笑顔に」というコンセプトのもと、ファンから募集した
リクエストに存分に応えた内容。寝起き姿や、料理、お散歩公園&砂浜デート、さらに自身の趣味であるサーフィン姿を初公開するなど、日常やプライベート感のあるショットを掲載している。また、開放感あふれる海岸ロケーションもあり、清々しく爽やかな表情と笑顔が満載の一冊だ。

一方「ROUGH」では、ワイルドで男らしいありのままの里中自身を深く掘り下げており、クールなブラックスーツ、ダンスで鍛えた肉体美のほか、都心の雑踏に佇む和服姿など「何者にも流されない」という、メッセージ性の強いショットも掲載している。

里中将道

里中将道

また、絵を描くことを趣味とする里中がキャンバスに向かうカットは、首から上半身にかけて自らデザインしたタトゥーのようなボディペイントを施したワイルドなキャラクターに徐々に変身。里中自身が「ずっと頭の中にいた人物を具現化し」たという出で立ちで、ほかでは決して見ることができない、刺激的でぎらつくような表情を見せている。

里中はコンセプトワークなど制作にも参加しており、写真は全て本人によってセレクトされている。巻末にはファンからの質問に答えた「Q&A」もあり、ファンと里中本人の要望が一体となった写真集となっている。

里中将道(さとなか・まさみち)

1994年4月14日生まれ 大阪府出身
2019年、「KYOTO SAMURAI BOYS」桔梗チームのリーダーを経て、2020年 MANKAI STAGE『A3!』〜AUTUMN 2020〜新庄リョウ役、『ヒプノシスマイクDivision Rap Battle-』Rule the Stage-track.3- 躑躅森盧笙役で出演。2021年、ミュージカル『黒執事』〜寄宿学校の秘密〜ロレンス・ブルーアー役、など人気作品の重要な役を演じる。今後は、音楽劇『キセキ-あの日のソビト-』、歌劇『桜蘭高校ホスト部』などの出演が控えている。NHK大河ドラマ『いだてん』河石逹吾役など、テレビドラマ、CMなどにも多数出演。