『刃牙』シリーズ連載30周年を記念した展覧会『連載30周年記念 地上最強刃牙展ッ!in東京ドームシティ』が、2022年3月5日(土)から4月17日(日)まで、東京ドームシティ Gallery AaMo(ギャラリー アーモ)にて開催される。

『刃牙』シリーズは、シリーズ累計発行部数8,500万部(2021年時点)を超える人気漫画。「強さとは何か?」をテーマに、東京ドーム地下にあると言われる「地下闘技場」最年少チャンピオンである主人公・範馬刃牙(はんま バキ)と、その父である“地上最強の生物”範馬勇次郎(はんま ゆうじろう)との壮絶な闘いを軸に、あらゆる男たちと己の肉体のみで戦う格闘漫画だ。本作はこれまでに、アニメ『バキ』最凶死刑囚編(2018年)、アニメ『バキ』大擂台賽編(2020年)がNetflixにて全世界配信、および地上波テレビにて放送。さらには2021年9月30日よりシリーズ第3部『範馬刃牙』がNetflixにて全世界全話一挙独占配信が決定しているほか、ドラマやパチンコなど、多様なメディアミックス展開を行なっている。2021年9月30日で連載開始から30周年を迎える現在は、『週刊少年チャンピオン』にてシリーズ最新作『バキ道』も連載中だ。

「地下闘技場」イメージ (C)︎板垣恵介(秋田書店)1992

「地下闘技場」イメージ (C)︎板垣恵介(秋田書店)1992

「地下闘技場」イメージ (C)︎板垣恵介(秋田書店)1992

「地下闘技場」イメージ (C)︎板垣恵介(秋田書店)1992

物語の舞台である「地下闘技場」は東京ドーム地下6階にあるという設定から、30周年を記念して初めて『刃牙』シリーズと東京ドームがタッグを組んで行われる本展。『刃牙』シリーズ数々の名勝負を、濃密な筆致で描かれた初公開を含む原画で振り返り、シリーズを通して描かれる<「強さ」とは何か?「地上最強」とは何か?>というテーマを追う。本展では、「範馬刃牙(はんまバキ)」等身大フィギュアや「刃牙の家」ジオラマ展示のほか、実物大「地下闘技場」を制作するクラウドファンディングも行われる。

地下闘技場所有者 徳川光成 メッセージ (C)︎板垣恵介(秋田書店)1992

地下闘技場所有者 徳川光成 メッセージ (C)︎板垣恵介(秋田書店)1992

『連載30周年記念 地上最強刃牙展ッ!in東京ドームシティ』は、2022年3月5日(土)から4月17日(日)まで、東京ドームシティ Gallery AaMo(ギャラリー アーモ)にて開催。なお、本展でしか手に入らない限定デザインTシャツ付き前売チケットが本日よりイープラスにて販売中(2022年1月31日(月)23:59まで)。詳細は公式ホームページで確認を。

ハードコアチョコレート×刃牙モデル イメージ

ハードコアチョコレート×刃牙モデル イメージ

reversal×刃牙モデル イメージ

reversal×刃牙モデル イメージ