本日2021年10月2日(土)母校である立命館大学が舞台となっている主催イベント『京都音楽博覧会2021』をオンライン開催した、京都出身のロックバンド、くるり。
1996年に同大学の音楽サークル“ロックコミューン”で結成されたくるりは、今年結成25周年を迎えた。その記念すべき25周年という節目の新たな動きとして、『結成25周年記念公演』とポップアップ企画『くるり25回転』の開催が発表された。

『結成25周年記念公演』は、大阪と東京での2公演を開催。来年2022年1月23日(日)に大阪・フェスティバルホール、2月11日(祝・金)に東京ガーデンシアターにて行われる。くるりオフィシャルサポーターズクラブ純情息子、FC先行予約受付は、10月2日(土)22:00よりスタートした。

また、くるりの結成25周年を記念して開催されるスペシャルなポップアップ企画『くるりの25回転』では、25周年限定商品やこの機会でしか手に入れることができないアイテムを多数出品予定。くるりの地元・京都の藤井大丸からスタートし、東京でも開催予定となる。


なお、本日配信された『京都音楽博覧会2021』は10月11日(月)23:59までアーカイブが残っており、アーカイブチケットは明日10月3日(日)のAM10:00から購入することができる。

今年は立命館大学の衣笠キャンパス内にある2つの会場で収録され、「以学館」ではアルバム『天才の愛』収録曲全曲を新たなアレンジのもと演奏。「学生会館」では岸田繁、佐藤征史、野崎泰弘(Key)、松本大樹(Gt)、石若駿(Dr)の最大5人編成による、ロックバンドとしてのくるりを存分に味わうことができるステージが収録された。「学生会館」での演奏楽曲は、セットリストとしても公開されているので、ストリーミングで楽しんでみよう。