舞台『ひとりしばい』シリーズ作品から、11タイトルの配信がdTVにてスタートした。
『ひとりしばい』は一人の役者と演出家が完全オリジナルストーリーで織り成す舞台プロジェクト。今回は、荒牧慶彦×岡本貴也Vol.1「断」、 北村諒×西田大輔Vol.3「ひとりシャドウストライカー、またはセカンドトップ、または、ラインブレイカー」から福圓美里×末原拓馬Vol.12「ラルスコット・ギグの動物園 裁判を受けたリスのモル」までの作品が配信されている。








キャストには、荒牧慶彦、北村諒、橋本祥平、糸川耀士郎、大平峻也、陳内将、植田圭輔、椎名鯛造ら舞台を中心に活躍する俳優のほか、Vol.10「ラルスコット・ギグの動物園 牙を抜かれた虎のガラ」の佐藤拓也、Vol.11「ラルスコット・ギグの動物園 狂った象のクレバオーヌ」の下野紘、Vol.12「ラルスコット・ギグの動物園 裁判を受けたリスのモル」の福圓美里ら声優として活躍する面々も。Vol.10からVol.12までは、同じ動物園で暮らす異なる動物たちの物語がそれぞれに展開するオムニバスドラマで、佐藤は虎のガラ役、福圓はリスのモル役、下野は年老いた象・クレバオーヌを演じている。




なかでも、下野は苦悩に満ちたクレバオーヌと少女・ズズの二役を演じている。年老いた姿と若き日のクレバオーヌを演じる下野の声と表情の使い分けにも注目だ。なお、公演終了後のアフタートークでは、末原拓馬と下野が本番でのハプニングや稽古風景を振り返っている。