10月2日、DADARAYが東京国際フォーラム ホールCでワンマンライブ『時雨になるのよ』を開催した。9月にセカンドアルバム『ガーラ』を発表したDADARAYにとって、この日は約2年ぶりの有観客ライブ。じっくり作り上げた新曲たちを直接届け、オーディエンスと同じ空間を共有する喜びに溢れた一夜となった。

ワンマンライブ『時雨になるのよ』 Photo by 井手康郎

ワンマンライブ『時雨になるのよ』 Photo by 井手康郎

スパンコールを模したようなキラキラと輝くステージにメンバーが登場すると、休日課長のレシピ本『ホメられるとまた作りたくなる!妄想ごはん』を原案としたドラマの主題歌「Ordinary Days」からライブはスタート。ポップな曲調から一転、課長の“妄想”を表現した中盤のパートではREISが英詞でラップを披露し、早速新たな表情を見せる。「GALS」では会場が手拍子で包まれる中、REISは両手を自由にヒラヒラと動かして歌い、課長のベースソロを挟んでアウトロではえつこと熱いフェイク合戦を繰り広げた。

ワンマンライブ『時雨になるのよ』 Photo by 井手康郎

ワンマンライブ『時雨になるのよ』 Photo by 井手康郎

フレンチポップ風の「場末」に続いて、課長の歪んだベースから始まるロックナンバー「ダダックス」では、REISがキーボードから離れてステージ前方で軽快にステップを踏みながら歌い、えつこはショルダーキーボードを抱え、ソロを披露して盛り上げる。さらに、パンキッシュな「蛮勇」でREISが初めてエレキギターを持ち、えつこと向き合いながら歌う様子は実に新鮮。アウトロではサポートのギター・木下哲とドラム・佐藤丞も含め、全員が楽器を鳴らして混沌とした空間を作り上げたりと、ライブ序盤からテンション全開だ。

ワンマンライブ『時雨になるのよ』 Photo by 井手康郎

ワンマンライブ『時雨になるのよ』 Photo by 井手康郎

課長が「こんばんは、DADARAYです」と挨拶をするも、「あれ?いつもこんな声だったっけ?」と戸惑いを見せると、REISが「有観客ライブ2年ぶりですからね。声も忘れちゃうよね」と笑い、会場からは「待ってたよ」と言わんばかりの大きな拍手が起こる。えつこがテクニカルなピアノソロで魅せる「流光」のあとは少し落ち着き、ミドルテンポの「恋してばかり」に続いて披露された「誰かがキスをした」では、REISのシンガーとしての表現力が改めて際立つ。

「パリ帰りのレインボー」では課長がウッドベースを弾き、生楽器と電子ドラムを組み合わせたり、「URARAKA」ではえつこがアナログシンセでドリーミーな曲調を表現したりと、バラエティ豊かな新曲たちがステージで見事に再現されていく。

ワンマンライブ『時雨になるのよ』 Photo by 井手康郎

ワンマンライブ『時雨になるのよ』 Photo by 井手康郎

ニューアルバムについて「長く聴いてもらえたら嬉しい」と語ったあとは、REISが「えつこ、カモン!」と振って、えつこのキーボードから「fake radio」が始まり、課長がクールなループフレーズで存在感を発揮。ライブ後半ではお馴染みの楽曲を続けて、客席から自然と拍手が起こった「美しい仕打ち」から、ダンスミュージック風の4つ打ちナンバー「僕らのマイノリティ」に繋げると、オルガンをフィーチャーした間奏でREISが振り付けをオーディエンスとともに踊り、会場全体で一体感が生まれていく。

さらに、REISが「まだまだ盛り上がり足りないんじゃないですか?」とオーディエンスを煽ると、課長が高速のスラップを駆使したベースソロで場内を沸かし、ドラム〜ギターソロと続けて、「東京Σ」へ。“東京タワー”を繰り返す間奏パートはいつもならオーディエンスと合唱するのだが、この日は代わりにえつこが歌って盛り上げる。「優しく鬼に」では浮遊感のあるシンセをフィーチャーし、スケールの大きなサウンドスケープを作り上げた。

ワンマンライブ『時雨になるのよ』 Photo by 井手康郎

ワンマンライブ『時雨になるのよ』 Photo by 井手康郎

「今日は国際フォーラムに来てくださってありがとうございます」という言葉に、大きく長い拍手が送られる中、REISは「これからもまだまだ何が待っているかわからないけど、今この瞬間しか未来は変えられなくて、今選択したことが私たちの未来になるんだと思います。2年前に思い描いていた“今”じゃないかもしれません。でもこうやって一緒に過ごす時間がとても大切だと思います。何があっても、今を生き尽くしていきましょう」と話し、最後にバンドにとって始まりの曲である「イキツクシ」を届けて、本編が終了した。

ワンマンライブ『時雨になるのよ』 Photo by 井手康郎

ワンマンライブ『時雨になるのよ』 Photo by 井手康郎

アンコールではえつこが「PAさん、ありがとうございます」「舞台監督さん、ありがとうございます」と、各スタッフに感謝を伝え、最後に「川谷絵音!」と名前を呼ぶと大きな拍手が起こり、ニューアルバムから「花は買わない」を披露。そして、REISがもう一度「本当にありがとうございました。また元気で会いましょう」と感謝を告げると、ラストはシティポップブームで再評価されている八神純子の「黄昏のBAY CITY」をDADARAYらしくファンキーにカバーして、充実の一夜が締め括られた。

更に、アンコールでは、久々となるワンマンツアーの開催も発表された。DADARAY 東名阪ワンマンツアー 『東名阪一番街』と題し、2月22日の東京・SHIBUYA PLEASURE PLEASURE公演を皮切りに、梅田CLUB QUATTRO、名古屋CLUB QUATTROを巡る東名阪ツアーとなる。チケットはイープラスにて先行販売中。