2022年1月に、新作歌舞伎『プペル〜天明の護美人間〜』が新橋演舞場にて上演されることが決定した。

原作は、絵本の累計発行部数は70万部を突破し、映画化もされた「えんとつ町のプペル」。ゴミ人間プペルと少年ルビッチの父を信じ、友達を信じて飛び出した二人が紡ぐ奇跡のファンタジー物語で、衣裳、鬘など歌舞伎ならではの要素や演出を全面的に取り入れ、今回、新作歌舞伎として舞台化する。

「えんとつ町のプペル」  (C)幻冬舎

「えんとつ町のプペル」  (C)幻冬舎

原作・脚本、空間・美術演出を務めるのはキングコング西野亮廣。歌舞伎界を牽引する市川海老蔵との強力タッグが実現し、日本を代表する伝統芸能である‟歌舞伎“として新たな世界を創り上げる。

主人公のプペル役は市川海老蔵、玄(げん・絵本ではルビッチ)役に市川ぼたんと堀越勸玄が交互出演で演じる。また、海老蔵は、物語の鍵を握る玄の父親役・熊八も勤め、ぼたんと勸玄と舞台でも現実と重なるそれぞれ実の親子の役を演じる。

一体どんな歌舞伎になるのか、本公演に期待したい。

西野亮廣 コメント

西野亮廣

西野亮廣

海老蔵さんから今回の企画の相談をいただいた時に、「これ以上の適役はない」と思いました。
主人公達の物語と、海老蔵親子が背負った物語は、あまりにも重なる部分が多すぎて、脚本を書きながら、ウッカリ涙しました。
この物語を、1日でも早く皆様にお届けしたいです。しっかりと準備を整えて、劇場でお待ちしております。

市川海老蔵 コメント

市川海老蔵

市川海老蔵

私自身も映画を拝見し、非常に感動いたしました「えんとつ町のプペル」を、来年のお正月に新作歌舞伎として上演できますことを大変嬉しく思っております。
西野さんとはご縁があり、「現代の世では難しくなりつつある、信念と共に諦めない想いを歌舞伎として描きたい」と熱望させて頂きました。
この作品によって、皆様に少しでも前向きな思いや勇気づけられましたら嬉しく思います。
また、ぼたんと勸玄が交互出演という形で出演させていただきます。
親としては大役に心配ではありますが、今この瞬間の二人にしか描けない表現もあるかと思いますので、公演に向けての稽古に励んでいってほしいと思います。
皆様と劇場でお目にかかれますことを楽しみにしております。