2021年11月10日(水)〜15日(月)有楽町マリオン内の劇場・オルタナティブシアターにて上演されるミュージカル『魍魎の匣』の追加公演が決定した。追加となったのは11月11日(木)昼公演(14:00)。

京極夏彦による、百鬼夜行シリーズ第二弾として刊行され人気を博している長編、伝奇小説『魍魎の匣』を初ミュージカル化する本作。「匣(はこ)」と呼ばれる研究棟から誘拐された少女、バラバラ殺人事件、穢れた金を浄化すると称して信者から財産を集める新興宗教と、一見バラバラに見える3つの事件が次第に一つに集結し、事件の裏に渦巻く「魍魎」の正体が徐々に明らかになっていく。

主人公 京極堂を務めるのは、数々のミュージカルで活躍する実力派の小西遼生。そして演出、上演台本、作詞を手掛けるのは、日本版脚本&歌詞・演出を担当した『FACTORY GIRLS 〜私が描く物語』で、第27回読売演劇大賞優秀作品賞を受賞した板垣恭一。

追加公演は10月6日(水)よりオフィシャルサイトにて先行抽選の受付が開始される(一般発売は10月20日(水)より)。また、追加公演の来場者には、特製オリジナルポストカードのプレゼントも決定した。詳細は公式サイトにて確認してほしい。