『BANKSY展 GENIUS OR VANDAL?(バンクシー展 天才か反逆者か)』が、2021年12月12日(日)から2022年3月8日(火)まで、東京・WITH HARAJUKUにて開催される。2018年からモスクワ、マドリード、香港、ニューヨーク、LA、日本などをまわり、累計300万人以上を動員している本展。日本国内では横浜を皮切りに、大阪、名古屋、福岡の主要都市を巡回し、いよいよ東京に上陸となる。

本展は、貴重なオリジナル作品を含む、版画、立体オブジェクトなど70点以上のバンクシー作品をはじめ、映像やポスターなど計100点以上が集結。日本でも多くの人に知られる平和へのメッセージが込められた《ラブ・イズ・イン・ジ・エアー》、希望を願う《ガール・ウィズ・バルーン》、社会的弱者をドブネズミに重ねた「ラット」シリーズのほか、関東初登場となる《ラブ・イズ・イン・ジ・エア》の貴重な三部作版《スロウアー》、ロンドンの湖水泳場に設置された標識の作品《ノー・スイミング》など、 コレクター所有作を中心とした貴重な作品を紹介する。

《スロウアー》

《スロウアー》

《メット・ボール》

《メット・ボール》

《ノー・スイミング〜注意!水泳禁止!水辺には近づくな〜》

《ノー・スイミング〜注意!水泳禁止!水辺には近づくな〜》

また、展覧会の開催にさきがけて、本日10月8日(金)より、WITH HARAJUKUのB1階と3階に“映え”フォトスポットも登場(※B1階は常設、3階は設置していない日もあるとのこと)。


『BANKSY展 GENIUS OR VANDAL?(バンクシー展 天才か反逆者か)』は、2021年12月12日(日)から2022年3月8日(火)まで、東京・WITH HARAJUKUにて開催。本日より10月31日(日)まで、100円引きの「早割」チケットの販売を行っているので、お見逃しなく。