株式会社バンダイナムコエンターテインメントが贈る「朗読+演劇+映像」をコンセプトにする配信コンテンツ『オンラインドラマシアター』。2021年12月8日(水)より配信される新作『人間椅子』のキャストとして、猪野広樹と北村諒の出演が発表された。

書生怪奇譚キャストビジュアル  (C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

書生怪奇譚キャストビジュアル  (C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

ふたりは、10月9日(土)22:00より配信される、『ASOBISTORE EXPO 2021』内 無料生配信番組への出演も決定。生配信番組では、配信中に視聴者と一緒にテーマ曲を創り上げる即興での楽曲制作にもチャレンジする。


猪野広樹コメント

猪野広樹

猪野広樹

江戸川乱歩原作の「人間椅子」という作品を、朗読劇として、さらにはオンラインドラマシアターという新しい舞台として、どう落とし込んでいくのか、その作業が本当に楽しかったです。
撮影を終えたこの作品が、皆さんにどう届くのか、どう感じてもらえるのか、おうち時間を楽しんでもらえるコンテンツになればいいなと思っています。

北村諒コメント

北村諒

北村諒

「人間椅子」という作品に、椅子役での出演が決定して本当に楽しみにしています、もちろん嘘ですが。
朗読劇ではありますが、新たな朗読劇、新しいオンラインドラマシアターとして、皆様にお届けします。
どんな作品として完成するのか、まだ我々もまったく分からないので、きっと未来の僕も、皆様と一緒に配信を心待ちにしていると思います。

『〜玉簡朗読編(ぎょっかんろうどくへん)〜』あらすじ

玉簡朗読編  (C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

玉簡朗読編  (C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

外務省書記官を夫にもつ佳子は売れっ子の小説家。
一日の始まりは、お気に入りの椅子に腰掛け、信望者達からの恋文を読む事と決まっている。
ある日のこと、いつもの様に送られてきた玉簡を整理していると、1通の原稿らしき封書を発見した。
それは、容姿の醜い「椅子職人」による、世に奇妙な告白文だった。
何気なく読み進めるうちに、佳子は徐々にその気味の悪い内容に惹き込まれ、戦慄を覚える。
そして更なる悍ましい結末が待ち構えていた。

『〜書生怪奇譚(しょせいかいきたん)〜』あらすじ

書生怪奇譚  (C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

書生怪奇譚  (C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

美しき閨秀作家の元で居候する2人の書生。
女主人に取り入ろうと、何かと競い合いながらも、他のライバルを寄せつけない点に於いては協力関係にあった。ある日のこと、1人の書生が部屋に手紙を届けると、女主人は留守で、もう1人の書生が他の信望
者から恋文を読み漁っていた。背徳感を感じつつも、一緒に読み始める2人。
だがそれは女主人への単純な恋文ではなかった。2人は衝撃の事実を知り恐怖に慄く。そして―――。