文化庁芸術祭、山本裕ダンス公演『GIWA』が、2021年11月9日(火)と10日(水)に開催される。 限りなく曖昧な境界線と人間の世界を描いたダンス作品を、 国内外で活躍するダンサーたちと共に上演する。
山本は近年様々なアーティストと共演し、またMVの振付、出演に起用されるなど活動の幅は広い。2019年、2020年にはオン・ステージ新聞の新人振付家ベストに選出されている。
本番当日に観に行けない人のために動画配信視聴券(11月22日〜28日の期間に視聴可能)も用意されている。

【山本 裕プロフィール】


現代舞踊協会制定新人賞、ダンスプラン賞、埼玉全国舞踊コンクール第1位、チェコのNew Prague Dance Festivalにてダンスシアター賞など多数受賞。文化庁新進芸術家海外研修員制度でオランダのスカピーノバレエ団に1年間留学。ヨーロッパやアジアのフェスティバルより招待、ゲスト出演している。

国内では江戸東京博物館スカイツリー完成記念特別公演、瀬戸内国際芸術祭、六本木アートナイトなどの振付家に選出。 都民芸術フェスティバルの振付家に2年連続選出され、その舞台はJ:COMチャンネルにて放映された。さわかみオペラ芸術振興財団ジャパンオペラフェスティバル「椿姫」では振付を担当し、ボローニャ歌劇場フィルハーモニーと共演する。 世界的アーティスト“AmPm”のMVにソロ出演、FUJIFILM化粧品「アスタリフト」アジア向けPVに出演、またDragon AshやORβITのMVの振付を手掛ける。
2019年、 2020年にはオン・ステージ新聞の新人振付家ベストに選出。 ロシアの"Triumph"が主催する国際コンペティションの審査員を務める。ダンスカンパニー“Honey→B”主宰。WITH HARAJUKU コンテンポラリーダンスフェスティバル総合プロデューサー。 BROADWAY DANCE CENTER講師。