『ムーミン コミックス展』が、2021年11月19日(金)から2022年1月10日(月・祝)まで、そごう美術館にて開催される。

本展は、1954年から75年まで、イギリスの『イブニング・ニューズ』紙で連載された『ムーミンコミックス』から、日本初公開となる原画やスケッチなど約280点を展示。キャラクター設定画や習作、原画など貴重な資料を通じて、ムーミンの奥深くも豊かな世界を紹介する。

ラルス・ヤンソン「10個のブタの貯金箱」原画(1975年) (C)Moomin Characters(TM)

ラルス・ヤンソン「10個のブタの貯金箱」原画(1975年) (C)Moomin Characters(TM)

ラルス・ヤンソン「ムーミンたちの戦争と平和」原画(1974年) (C)Moomin Characters(TM)

ラルス・ヤンソン「ムーミンたちの戦争と平和」原画(1974年) (C)Moomin Characters(TM)

『ムーミンコミックス』は、ムーミン童話の世界をコミカルに、時に社会風刺のエッセンスを加え、漫画という形式で表現したもの。トーベ・ヤンソンとラルス・ヤンソンという二人の姉弟共作からスタートし、1960年からはラルス一人で制作した。1975年まで続く『イブニング・ニューズ』紙の連載は、イギリスだけでなく、スウェーデン、デンマーク、フィンランドをはじめ、最盛期には40か国以上、120紙に転載。日本でも2000年から、筑摩書房より『ムーミンコミックス』(訳:冨原眞弓、全14巻)が出版されている。

トーベ・ヤンソンとラルス・ヤンソン (C)Moomin Characters(TM)

トーベ・ヤンソンとラルス・ヤンソン (C)Moomin Characters(TM)

本展では、日本初公開となるトーベとラルスの貴重な原画やスケッチ、トーベとラルス姉弟の作風の違いと特徴、新聞漫画独特の制約が生んだムーミンの世界など、見どころが盛りだくさん。音声ガイドナビゲーターは、アニメ『ムーミン谷のなかまたち』のリトルミイ役も演じた声優・大谷育江がつとめ、これらの展示作品の見どころなどを解説する。

トーベ・ヤンソン「まいごの火星人」スケッチA(1957年) (C)Moomin Characters(TM)

トーベ・ヤンソン「まいごの火星人」スケッチA(1957年) (C)Moomin Characters(TM)

トーベ・ヤンソン「黄金のしっぽ」習作(1958年) (C)Moomin Characters(TM)

トーベ・ヤンソン「黄金のしっぽ」習作(1958年) (C)Moomin Characters(TM)

『ムーミン コミックス展』は、2021年11月19日(金)から2022年1月10日(月・祝)まで、そごう美術館にて開催。前売券はイープラスほか各プレイガイドにて発売中。