2021年12月10日(金)〜12月12日(日)シアタートラムにて、世田谷パブリックシアター若手演劇人育成プログラ『ハッチアウトシアター2021』による「子どものためのリーディング+ワークショップ公演『ホーム』」が開催される。このたび公演の詳細が発表された。


〈ホーム〉に暮らすアメとキリと、そこに訪れる動物たちとの交流を描いた心温まる物語――子どもからおとなまで、誰もが〈ホーム〉の世界の住民になって物語を体感できる、リーディングとワークショップが一体化した観客参加型の演劇公演を上演。
5人の俳優によるリーディングとともに行われるワークショップでは、グループに分かれてからだを動かしたり、感想を話しあったりして、みんなで楽しみながら 〈ホーム〉 について考えていく。

ハッチアウトシアターとは、Hatch out (孵化する)という言葉が示す通り、これからの演劇界を担う新たな才能を発掘し、従来の公演形態にとらわれない新たな“演劇のカタチ”を共に作り上げる、世田谷パブリックシアターの新プロジェクト。
若手演劇人を対象に、今回は“子どもに伝えたいこと/子どもと考えたいこと”をテーマに【子どものための短編リーディング戯曲】と、【演出 ワークショップファシリテーター】を公募。応募 43 作品より神野誠人の戯曲『ホーム』、 50 名の中から演出とワークショップファシリテーターに橋本昭博が選出された。
シアタートラムでの上演を経て、今後は世田谷区内の小中学校や施設での巡回公演を予定している。

【演出+ワークショップファシリテーター】橋本昭博 コメント

「ホーム」とは、なにか?
それぞれの「ホーム」についてみんなで考えたいなと思っています。みんなで身体を動かしたり物語に入ってみたり「ホーム」を一緒に創ってみたりしながら。「演劇の1つ前のリーディング」ではなく、リーディングだからこそ見えてくるものを大事にしながら、ワークショップだけでは辿りつけないところに、物語の力を借りてお客様と一緒にいこうと思い
ます。
必然的にリアルな体験が少なくなってしまった今、知らない誰かと出会い、一緒になって考え物語を共有し共に創作をする。他者との出会いの中で「自分も世界も変わっていく」という体験・体感が出来る演劇になればと。様々なホームで活躍しているキャストと、一家の大黒柱的な頼れるスタッフの皆様と、どう変化を楽しみながら創り上げていけるのか、今からワクワクしています。「リーディング×ワークショップ」という新しい演劇のスタイルがみんなをどこに連れて行ってくれるのか。一緒に楽しみましょう。僕らのホームを創ってみましょう。12月に劇場で会えること、楽しみにしています。