松本 隆の作詞活動50周年を記念したオフィシャルプロジェクトの集大成といえるコンサート『風街オデッセイ2021』の追加出演者が発表された。

「第一夜」に出演するのは太田裕美、そして「第二夜」にはハナレグミの出演が決定。予定演奏曲目は「木綿のハンカチーフ」、 「眠りの森」が新たに発表された。

半世紀という大きな節目である作詞活動50周年を迎えた松本 隆。50周年のオフィシャルプロジェクトの集大成と言えるコンサート『風街オデッセイ2021』は、11月5日(金)、6日(土)の2日間にわたって開催される。会場は、ザ・ビートルズの初来日から55年を迎えた音楽の聖地・日本武道館。

松本 隆は1969年にロックバンド「はっぴいえんど」を結成し、ドラムと作詞を担当。 “日本語ロック”の先駆者的存在として日本の音楽シーンに新たな道を切り拓き、はっぴいえんど解散後は作詞に専念。2000曲を超える歌詞を提供し、誰もが知るヒット曲を数え切れないほど生み出している。

『風街オデッセイ2021』チケットは、2日間通し券を含めソールドアウトしていたが、今回新たに第二次販売を急遽決定、注釈付きステージサイドバック席も新たに追加することとなった。10月13日(水)12時からプレイガイド抽選先行が開始される。