2021年11月27日(土)・28日(日)京都 先斗町歌舞練場にて『うつし世の阿国〜装束夢幻×和楽奏伝〜』の上演が決定した。

初演となる本公演は、日本の宮廷装束や服飾文化を研究し製造する京都の井筒がこれまで東京で上演してきた、本物の装束を着た各界のトップスターが本気のパフォーマンスを見せる、「装束シリーズ」を初めて京都で披露するもの。歌舞伎の始祖とされている“阿国”をテーマにしたストーリー仕立ての構成で、姿月あさとのオリジナル楽曲の歌唱、日本舞踊、歌舞伎、和楽器演奏、伝統芸能のジャンルを超えた「新しい伝統芸能」を披露する。

姿月あさとが演じる出雲の阿国一座と、中村壱太郎が演じる放浪の壱創(いっそう)一座、二つのかぶき者集団が織りなす芸能の世界。

演出・振付は尾上流家元尾上菊之丞、音楽・構成は和楽器奏者吉井盛悟。テーマとなる阿国の物語脚本は、新作落語も手掛ける放送作家藤井青銅。出演は、元宝塚歌劇団トップスター姿月あさと、歌舞伎界の未来を担う中村壱太郎、ダンサー・俳優の生島翔、日本舞踊家尾上京、和楽器演奏は、奄美大島や大分などからの参加者も含む、若き和楽器演奏家集団 和楽奏伝など、各界で活躍している豪華面々で上演する。

■姿月あさと / 阿国(おくに)コメント

この作品は、歌舞伎の始祖と言われる伝説の「阿国」の物語を軸に、日本舞踊、和楽器演奏、歌など様々な「芸」をご覧いただく公演です。身に纏う衣裳は単なる舞台衣裳ではない「装束」で、舞台上で着付をご覧いただく場面もありそれもひとつの見どころです。この作品のために作られたオリジナル曲を歌う予定もありますし、阿国歌舞伎の生まれた京都の歴史ある先斗町歌舞練場で行われるこの公演が、どこにもない特別な公演になりそうでとても楽しみです。踊りや音楽と共に舞台の上で皆さんに装束の歴史を伝えられる作品になればいいなと思います。

■中村壱太郎 / 壱創(いっそう)コメント

ジャンルを超えて出演者が集まり、井筒さんの装束の美しさで和洋の芸能を融合させる公演に出演できますこと、どのような化学反応が起きるのか今からワクワクしております。菊之丞さんとはこれまでも沢山のお仕事をご一緒させていただいて参りました。今回もまた菊之丞さんにご指導いただきながら創作することを自身でも楽しみ、装束と共に表現する新たなパフォーマンスをお見せ出来たらと思っております。歌舞伎の舞台では女方を演じることが多い中、今回は男性を演じることも私の中では新たな挑戦です。2日間の『うつし世の阿国 ~装束夢幻×和楽奏伝~』を1人でも多くの方にご観劇いただきたくお願い申し上げます。

■生島 翔 / 翔若(とびわか)コメント

ダンサーとしていろいろな洋装の舞台衣裳を着させていただきますが、装束は着た時に歴史の重さを感じます。身にまとう装束で自分の動きの型が変わってくると思いますし、洋舞で踊っている動き方には絶対にならないので、装束からもらうある種の力がパフォーマンスに大きく影響してくると思います。ただ豪華というだけではなく、自分の動きにも影響があり歩き方ひとつが変わってくるので一つ一つが自分の財産になると思います。芸能に新しい風を吹かせられる最先端でやっているメンバーがそろっているので、京都の風を感じながら今までの和ものから一歩離れたところでの面白く新しい芸能の形を生み出せると思うので、みんなで力を合わせて作っていけたらと思います。

■尾上菊之丞<演出・振付・出演> コメント

これまでも井筒の装束を使用した公演には関わらせていただいていますが、初めて京都で公演できるのがすごく嬉しいですし、まして会場が先斗町歌舞練場ということで僕にとってはホームグラウンドとも言える場所ですので、出演者の皆さんと一緒にできることは楽しみですね。京都ということで阿国をテーマにしていますが、我々が阿国を敬愛する理由は、歌舞伎踊りという新しく共感できるものを創り上げた一人の芸能者であるということ。芸能に関わる人たちが、世代が変わっても、世の中に向けて常に新しい表現活動を続けているわけですが、そのひとつの強い一歩を踏み出した人物が阿国なんだと思います。多ジャンルの皆さんが創り上げてきたことを、阿国を通し、しっかり繋いでいくことが今回の演出の基本的な考え方かなと思っています。そして舞台上で装束を着付けるシーンを設けます。俳優とは音楽や踊りだけでなく、身に着ける装束や小道具、髪型に至るまで常に新しい工夫を続けてきた。その俳優の精神を着付けを通して感じていただきたいと思います。舞台は夢の世界、お客様なりの夢をみていただき活力を得ていただけたらと思います。

■吉井盛悟<音楽・構成・演奏> コメント 

日本音楽の中でも多様なジャンルの人たちが集まっているのが「和楽奏伝」なんです。日本舞踊の家元である菊之丞さんが演出に入っていただくことで、日本のいろいろな伝統芸能を全部混ぜ合わせて表現ができると思っています。それぞれ何百年という歴史がありルールも違う中、交じり合うことができない印象があるけれど、自分の芸事に対して突き詰めてきた方たちが集まり、ジャンルを超えて作り上げることで新しい何かが生まれるのではないか。堅苦しいと思われている伝統芸能ではない、本質的な芸能とは何かということを、阿国を通じて読み解けるような公演にできればいいなと思いますので、皆様ぜひ劇場に足をお運びください。