細野晴臣が3作品を12月22日(水)に発売することが決定した。

まずは、細野晴臣とコシミハルの伝説のユニット“swing slow”として、1996年に唯一発表されたアルバム『swing slow』。発売から約25年の歳月を経て、今回新たにミックスされた『swing slow (2021 mix) 』としてCD/LP/配信でリリースが決定。エクストラトラックとして未発表音源3曲が加わり、細野自身による新ミックス&マスタリングが施されている。ジャケットも岡田崇により刷新、後日公開予定となっている。

続いては“Haruomi Hosono/Vampire Weekend”名義の12インチアナログシングル「Watering a flower 2021」。New Yorkのバンドであるヴァンパイア・ウィークエンドがグラミー賞を受賞した、アルバム『Father of the Bride』に収録の楽曲「2021」は、2019年の発表当時、細野晴臣が1984年に発表した『花に水』収録の楽曲「TALKING」をサンプリングしている。これら細野晴臣の「TALKING」がA面に、B面には作品制作が決定したことで録り下された新録バージョンのヴァンパイア・ウィークエンド「2021」がコラボレーション12inchシングルとしてリリース決定したのが「Watering a flower 2021」とのこと。

そして3作品目は、近年の細野晴臣の映画音楽作品を網羅した『Music for Films 2020-2021』。この作品は、2019年公開の細野晴臣ドキュメンタリー映画『NO SMOKING』以降、映画『Malu 夢路』、Netflix映画『彼女』、短編映画『+81FILM (Gravity)』に加え、11月12日(木)に公開となる細野晴臣ライブドキュメンタリー映画『サヨナラ アメリカ』で使用された楽曲作品が選曲されている。全曲パッケージ化は初となり、『彼女』『+81FILM (Gravity)』の作品については音源化も初となる。

先日発表された、映画『サヨナラ アメリカ』のテーマ曲ははっぴいえんどの「さよならアメリカ さよならニッポン」を細野晴臣がセルフカバーした「Sayonara America, Sayonara Nippon」。11月3日(水)に先行配信となっているが、この『Music for Films 2020-2021』にも収録される事になる。なお、今回のすべて作品のアナログカッティングは小鐵徹が担当する。