2021年12月8日(水)〜12月13日(月)シアター1010にて上演される舞台『滄海天記・序篇〜 天月、闇に墜つ 〜』のメインビジュアルが解禁となり、全キャストが配役とともに決定した。

舞台の脚本・演出は『少女ヨルハ』『舞台ヨルハ1.3a』『キューティハニー エモーショナル』などの代表作を持つ松多壱岱が務め、キャストには高崎翔太、正木郁、上仁樹、千葉瑞己、橘龍丸がすでに発表されていたが、今回、全キャストが配役とともに決定。鮎川太陽、谷佳樹、沖野晃司、工藤大夢、鵜飼主水、佐藤弘樹、霜月紫、松村優、縣豪紀の出演が決定した。

【あらすじ】
焼け落ちた本能寺で、 織田信長の骸を探す、 明智光秀達。
しかし、 そこに骸はない。
その時、 日は陰り、 和ノ国は闇に包まれた。
一体何が起きたのか?
数ヶ月後、 本能寺の変で、 記憶を失ったミナトははるか離島へ流人として流されていた。 ミナトを受け入れる島の少年、 カズヤ、 ナギサ、 レイジ達。
天岩戸に閉じこめられたカゲロウがミナトと交信を試みるが、 遠く、 声はなかなか届かない。
カゲロウは天照大御神を呼ぶ。
かすかにつながる天照とカゲロウ。
物語は天照大御神を語り部とし、 6年前へと遡っていく。
織田信長は天下統一への道のりの最中、 第1次木津川口の戦いで村上武吉率いる水軍に大敗を喫してしまう。
宇喜多直家に連れられ行き着いた社で、 信長に力を差し伸べようとするものがいた。
信長はそのものの力を得て、 殺戮を繰り返し始める。
カゲロウとミナトの兄弟は神に仕える巫子として、 戦乱に明け暮れる世を憂いていた。
二人は魔を断つ神楽、 太刀舞の名手としても知られていた。
そんな二人の前に、 天照大御神と須佐之男命が降臨し、 現世に蘇る「屍鬼」を斬る力を授け、 二人を依代とすることにした。
旅の途中、 戦乱の和ノ国を放浪していた侠客 ゲントに出会う。
カゲロウとミナトは、 織田信長こそが第六天魔王として「屍鬼」を操っていることを知る。
そして、 信長の凶行を止めようと思っていた明智光秀と二人は出会い、 信長を倒そうとする・・・!
そこで起きた真実とは?
世界はなぜ闇に包まれてしまったのか?
カゲロウとミナトの兄弟はなぜ引き裂かれたのか?
「滄海天記」の航海がいよいよ始まる・・・!!