野宮真貴がデビュー40周年を迎え、12月18日(土)にビルボードライブ横浜にて、『野宮真貴×矢舟テツロ―〜うた、ピアノ、ベース、ドラムス〜』を開催することが決定。本日10月19日よりファンサロン先行予約がスタートした。

1981年にビクターエンターテインメントのレーベル“フライングドック”(現:スピードスターレコーズ前身)よりアルバム『ピンクの心』をリリース、デビュー40周年を迎え、今年アニバーサリープロジェクトをスタートした野宮真貴。

小西康陽が全面プロデュースし、ゲストに野宮を迎えて作られた傑作アルバム『うた、ピアノ、ベース、ドラムス』を発売したシンガーソングライター&ジャズピアニスト矢舟テツローとのジャズライブが12月18日(土)ビルボードライブ横浜で行われることが決定した。

『渋谷系を歌う。』シリーズなどこれまでも様々なコンセプトでビルボードライブに立ってきた野宮だが、今回は初の試みとなるジャズトリオとのライブとなる。小西康陽もDJで参加し、特別な一日を盛り上げる。

野宮真貴

野宮真貴

矢舟テツロー

矢舟テツロー

小西康陽

小西康陽