CS放送局「衛星劇場」にて、テレビ初放送の作品として、昨年9月に歌舞伎座で上演された『双蝶々曲輪日記 引窓』を2021年11月1日(月)に、同じく歌舞伎座で昨年1月に上演された『奥州安達原 袖萩祭文』を11月4日(木)に放送することがわかった。

『双蝶々曲輪日記 引窓』 /(C)松竹株式会社

『双蝶々曲輪日記 引窓』 /(C)松竹株式会社

『双蝶々曲輪日記 引窓』は初世吉右衛門(俳名 秀山)ゆかりの本作は「秀山ゆかりの狂言」として上演された。中村吉右衛門、尾上菊之助、中村雀右衛門、中村東蔵が出演した、親子の情愛に感じ入る心温まる義太夫狂言の名作。

『奥州安達原 袖萩祭文』 /(C)松竹株式会社

『奥州安達原 袖萩祭文』 /(C)松竹株式会社

一方の『奥州安達原 袖萩祭文』は、平安時代末期、源義家らによって滅ぼされた安倍一族の再興を志す貞任と宗任兄弟による復讐を軸に、それに関わる家族や人々の悲劇を描く。前半は袖萩が幼い娘を伴い三味線を弾きながら祭文に事寄せて心情を語る場面、後半は袖萩の夫で実は敵方だった貞任(芝翫)が本性を顕す見せ場が見どころの時代物の傑作だ。

なお、衛星劇場では、毎日平日午後4時から歌舞伎を放送しており、毎月約20本の演目を楽しむことができる。