2021年10月22日(金)本多劇場にてM&Oplaysプロデュース​『いのち知らず』が開幕した。11月14日(日)まで同劇場で上演、東京公演後は、宮城、大阪、島根、山口、熊本、広島、愛知と全国へ巡演する。

今までのM&Oplays×岩松了作品は、松雪泰子主演で『そして春になった』、東出昌大主演『二度目夏』、小泉今日子主演『家庭内失踪』など、精力的に作品を生み出し話題となった。
待望の新作は勝地涼&仲野太賀を主演に迎え、とある山間にある研究所を舞台に、その施設の目的も知らずに門番として雇われている二人の若者と、やはりその施設で雇われている年配の男の交流を通して、「いのち」の意味と男同士の「友情」の真価を問う人間ドラマとなる。

施設の門番として雇われているロク役は勝地涼、ロクと共に門番として雇われるシド役には仲野太賀。もう一人の年嵩の門番モオリ役には、光石研、ロクとシドのと共に番屋で暮らすことになるトンビ役に新名基浩、施設の監視役的存在の安西役に岩松了が出演。

勝地の「次は太賀とやりたいですね!」の一言がきっかけで実現し、岩松の世界を愛してやまない二人が「絶対に素敵な舞台をお客様にお見せしたい」と豪語する本作。

「いのち」とは、「友情」とは…最高の実力派俳優陣で贈る、男性キャスト5人だけのサスペンスに期待が高まる。

『いのち知らず』 撮影:宮川舞子

『いのち知らず』 撮影:宮川舞子

『いのち知らず』 撮影:宮川舞子

『いのち知らず』 撮影:宮川舞子

『いのち知らず』 撮影:宮川舞子

『いのち知らず』 撮影:宮川舞子

『いのち知らず』 撮影:宮川舞子

『いのち知らず』 撮影:宮川舞子

『いのち知らず』 撮影:宮川舞子

『いのち知らず』 撮影:宮川舞子

『いのち知らず』 撮影:宮川舞子

『いのち知らず』 撮影:宮川舞子

●作・演出・出演:岩松了 コメント

今回は女優のいない、男っぽい芝居を突き詰めた、初の男性のみの作品です。いつもと違う脚本を書いているような、霧の中をさまよっているような、そんな感覚で書き上げました。主演2人は本当に素晴らしく、光石さんもやればやるほど味が出る演技で、新名くんも日々成長していくし、稽古中も日々楽しかったです。今回私は重要な役どころを演じるので、しっかりセリフを覚えなければ!と。少ない人数で人間性を醸し出す、見ごたえのあるセリフ劇です。テーマである「いのち」「友情」をどう演じるのか。演者の吐く言葉を体感してください。

●勝地涼 コメント

キャスト5人の絆を日々感じながら稽古を重ねてきました。横にいるのが太賀で本当によかった! ピュアなロク、まっすぐなシド、愛に飢えたモオリと様々な男たちが描かれた今作は、読めば読むほど深みにハマって。やっぱり岩松さんは天才です。男の友情の中にある嫉妬に共感する部分もあるかと思います。その瞬間、そのシーンの関係性やこだわりを体感していただきたいです。観劇後の帰り道に、ふと自分にフィードバックしてくる作品になっています。楽しみにしてください。

●仲野太賀 コメント

1つ1つやるべきことを日々習得してゆくというあっという間の稽古でした。今までの演劇経験の中でも一番セリフ量が多かったのではないかと思うくらい大変でしたが、一つのシーンを作るのに勝地さんともたくさんディスカッションしながら同じ方向をむいて密度の高い時間を過ごせました。お芝居しやすい本多劇場でお客様の前で演技できることに役者として興奮すると共に喜びをかみしめています。ぜひ生で体感できるお芝居を存分に楽しんでもらえたら嬉しいです。

●新名基浩 コメント

あっという間の稽古期間でした。なかなかない男性5人の芝居に身が引き締まる思いです。主演の2人からはこの作品にかけるエネルギーを日々感じております。稽古後に、光石さんと芝居の話をしながら帰る時間がとても貴重でした。母と子の独特なねじれた関係性や距離感を感じながら演じていきたいと思っています。見ごたえのある5人芝居、生のやり取りをぜひ劇場でお楽しみください。

●光石研コメント

初日が目の前に迫っているので、今はやるしかない!という気持ちでいっぱいです。5年振りという久々の舞台ですので、一から始める感覚でドキドキしたり怖かったり色んな感情が折り重なっていました。5人芝居という事でセリフ量も多く共演者の若い瞬発力や順応性についていくのがとても大変でしたが、とても勉強になりました。カップルのような主演二人の掛け合いがとても魅力的な作品です。その二人をおせっかいでかき乱すのを楽しんでもらえたら嬉しいです。