2021年11月20日(土)ミューザ川崎シンフォニーホールにて『伊福部昭百年紀Vol.8 藤岡幸夫の指揮で聴く伊福部バレエ音楽の総決算!』が開催される。

映画『ゴジラ』のテーマ音楽で知られ、交響曲やバレエ音楽でも人気の、伊福部昭(いふくべあきら/1914-2006)。その業績を讃えて、映画音楽を中心にオーケストラによる復元演奏を行ってきた伊福部昭百年紀(いふくべあきらひゃくねんき)シリーズは、2014年に開始され今回で8回目を迎える。2019年にこのシリーズで指揮を担当して、高い評価を受けた藤岡幸夫が再度登板。オーケストラ・トリプティークのエネルギッシュな演奏に期待が高まる。

藤岡幸夫 (C)Shin Yamagishi

藤岡幸夫 (C)Shin Yamagishi

本シリーズは、観客総立ちでロック的な盛り上がりもあるコンサートとして知られるが、今回はバレエ音楽特集。「燃えるような名演」と評判高く、藤岡指揮によるライブCDも発売されている伊福部のバレエ音楽「サロメ」。

藤岡幸夫指揮によるサロメのCDジャケット

藤岡幸夫指揮によるサロメのCDジャケット

テレビ番組「エンター・ザ・ミュージック」でも紹介され、アマゾン、タワーレコードで驚異的なCD売上を記録したが、CDになっている1987年版の前に、実際にバレエ付きで演奏されていた原典版の1947年版が存在した。その原典版が、ついに演奏会形式で復活上演される。一体どのくらい違うのか。バレエ版の作曲依頼をした舞踊家の貝谷八百子は、今年が生誕100年で記念演奏になる。戦後バレエ界の記念碑的音楽の再演は意義深い。

「サロメ」で作曲家として絶大なる評価を受けた伊福部が、江口隆哉・宮操子舞踊団のために作曲、チベット伝承をもとに、その原作も手掛けた。

3管編成によるダイナミックなサウンドでえがかれるのは、使徒ジャルボオが、邪教の王ランダルマを討ち果たすまで。聴きどころが多く多彩で伊福部バレエ音楽の総決算ともいえる内容となる。仮面舞踊による大鴉、青牛、骸骨の舞い、勝利の舞い、虐殺の舞い、官能の舞い、ランダルマの死、など数々の場面が、藤岡の躍動的な指揮でどう甦るか期待される。

このたび平成VSゴジラシリーズ6作品に 三枝未希役で出演した俳優の小高恵美から応援メッセージが到着している。

小高恵美メッセージ

小高恵美

小高恵美

時代を越えて愛される伊福部先生の音楽。私も大好きです。コンサートのご成功心よりお祈りいたします。