2021年11月14日(日)からKAAT神奈川芸術劇場、京都ロームシアター、豊洲PITで上演する草彅剛主演舞台『アルトゥロ・ウイの興隆』のスポット映像が公式ホームページにて公開された。

2020年1月の上演以来の再演となる本作。ヒトラーが独裁者として上り詰めていく過程をシカゴのギャングの世界に置き換えて描いた問題作に、ファンクミュージックを散りばめた、演出家・白井晃の意欲作。
ギャング団のボスを演じる草彅剛を再び主演に迎え、共演には、神保悟志、渡部豪太、松尾諭、小林勝也などが続投。さらに『サンソン—ルイ16世の首を刎ねた男—』で白井晃作品初参加となった榎木孝明、2012年『幻蝶』以来9年ぶりの白井作品出演となる七瀬なつみが、新たに座組に加わる。
劇中の音楽は、キング・オブ・ソウルと呼ばれるジェームス・ブラウンの楽曲を中心に構成され、オーサカ=モノレールによる生演奏となる。ファンクミュージックに彩られた、刺激的で斬新な音楽劇に期待が高まる。

なお、10月23日(土)10時から一般発売がスタートしている。