2021年12月3日(金)軽井沢大賀ホールにて、ピアニスト・反田恭平と小林愛実のデュオコンサートが開催されることが決定した。

この10月にポーランド・ワルシャワにて開催された第18回フレデリック・ショパン国際ピアノ・コンクールにて、1970年の内田光子に並ぶ日本人最高位である第2位入賞を果たした反田と、前回2015年に続くファイナル進出で見事第4位入賞を遂げた小林。日本人W受賞の快挙で大きな話題を集めたふたりによるデュオコンサートだ。チケットは、10月28日(木)12:00より、反田が運営する音楽サロン「Solistiade」会員限定で最速先行(抽選)が行われる。

なお、「Solistiade」は入会無料。今を時めく若手演奏家たちによる楽器や楽曲解説、レッスンなど、クラシック音楽の奥深さ、楽しみを体験できるコミュニティとなっており、現在、反田恭平のピアノテクニックについてより深く学べる、「Solistiade ピアノクリニック〜反田恭平〜」の視聴チケットが10月31日(日)21:00まで発売中。同コンテンツは、今回のショパンコンクール入賞後、好評につき販売・視聴期間が延長されたもので、初心者の方に向けた、ピアノ講座の初級編となっている。