”嘘だらけで、⽭盾だらけな⽇常の歌を歌う”4ピースバンド・ヤングスキニーが、初の全国流通となる2ndミニアルバム『演じるくらいなら、ありのままでいいけどね』を12⽉15⽇(⽔)にリリースすることが決定した。

ヤングスキニーは、かやゆー。(Vo/Gt)、ゴンザレス(Gt)、りょうと(Ba)、しおん(Dr)からなる平均年齢20歳の4ピースバンド。昨年8⽉にかやゆー。が中⼼となり結成、今年の2⽉に「世界が僕を嫌いになっても」がSNSを中⼼に話題となり、ティーンズを中⼼に⽀持を集めている。

初の全国流通となる今作は今の勢いを体現する作品となっており、9⽉から3ヶ⽉連続でリリース中の配信シングルの楽曲に加え、バンド結成当初より演奏され定番曲ともなっている「バンドマンの元彼⽒」、そしてCD限定でボーナストラック「19歳(Acoustic ver.)」を加えた全6曲が収録される。

『演じるくらいなら、ありのままでいいけどね』

『演じるくらいなら、ありのままでいいけどね』

また、初回出荷分のみの封⼊特典として「トレーディングメンバーカード」が封⼊され、4種類あるメンバーカードのうち1種類が封⼊される。さらに、期間内に予約した人には早期予約特典としてメンバーの「プリクラ型ステッカー」も付与されるとのこと。

「プリクラ型ステッカー」

「プリクラ型ステッカー」

そして本⽇・10月27日(水)にミニアルバム収録楽曲「憂鬱とバイト」が配信リリースとなり、このあと21時には本楽曲のMusic VideoがYouTubeプレミア公開される。また、公開15分前の20時45分からはバンドのInstagram アカウントにてインスタライブも予定している。

「憂鬱とバイト」Music Video プレミア公開

「憂鬱とバイト」

「憂鬱とバイト」