2021年12月17日(金)〜12月19日(日)劇場MOMOにて、池の下第28回公演『いわばアラスカ』が上演される。

『いわばアラスカ』

『いわばアラスカ』

『いわばアラスカ』

『いわばアラスカ』

演劇集団・池の下は、1996年に演出家・長野和文を中心に、演劇と舞踏の融合する新たな地平を目指し結成された。1999年に愛知芸術劇場招聘公演『青森県のせむし男』、グローブ座 フェスティバル『青ひげ公の城』を上演。2006年には、利賀演出家コンクールにて『犬神』を上演して優秀演出家賞を受賞した。
2007年『狂人教育』を3カ国6都市連続公演(韓国:密陽演劇祭/ソウル公演)(大阪公演)(名古屋公演)(東京公演)(上海:国際小劇場演劇祭)。2019年にはポーランドのグダニスク・シェイクスピア劇場とグロトフスキ研究所より招聘を受けて『狂人教育』を上演して反響を呼んだ。

この度の海外作品シリーズは、日本の現在を照射する海外の現代戯曲を取り上げていく企画。これまでに2012年『エレベーターの鍵』(アゴタ・クリストフ作)、2015年『アガタ』(マルグリット・デュラス作)、2018年『灰から灰へ』(ハロルド・ピンター作)を上演してきた。今回は出演者に元唐組の赤松由美を迎え、ハロルド・ピンター第2弾を上演する。

■あらすじ
幸せな少女時代を過ごしていたデボラはある日、嗜眠性脳炎により29年間眠り続けることになる。治療薬が開発されて29年ぶりに目覚めた彼女は、自分の事をまだ16歳だと思っている。彼女の治療にあたってきた医師のホーンビーは、彼女にいまは29年後であることを分からせようとする。はじめは信じないデボラも、40代になった妹のポーリーンの登場により、そのことを理解しはじめる。デボラが死体のように眠り続けている内に、母は死に父は失明してしまった。覚醒後の現実を受け入れられないデボラ。ホーンビーは本当に苦しかったのは29年間デボラをずっと生かし続けてきた自分とポーリーンだと言う。ホーンビーとポーリーンの苦しみを前に混乱するデボラが見い出すものは……。