『明治神宮外苑創建九十五年記念 第五十二回 明治神宮野球大会』が、11月20日(土)〜25日(木)に明治神宮野球場(東京都)で開催される。

今年の大会には例年通り、大学11校、高校10校が出場。各大学野球連盟の秋季リーグ戦優勝校や、高校野球 秋季地区大会の優勝校などが、出場校に名を連ねる。

■『第五十二回 明治神宮野球大会』出場校
【大学の部】
・北海道二連盟:東京農業大学北海道オホーツク(7年ぶり3回目)
・東北三連盟:仙台大学(初出場)
・東京六大学野球連盟:慶應義塾大学(2大会連続11回目)
・東都大学野球連盟:國學院大学(11年ぶり2回目)
・関東五連盟 第一代表:中央学院大学(19年ぶり3回目)
・関東五連盟 第二代表:神奈川大学(11年ぶり8回目)
・北陸・東海三連盟:中部学院大学(3年ぶり4回目)
・関西五連盟 第一代表:佛教大学(10年ぶり6回目)
・関西五連盟 第二代表:龍谷大学(11年ぶり4回目)
・中国・四国三連盟:近畿大学工学部(8年ぶり10回目)
・九州三連盟:九州産業大学(2大会連続15回目)

【高校の部】
・北海道:クラーク記念国際高校(初出場)
・東北:花巻東高校(初出場)
・関東:明秀学園日立高校(初出場)
・東京:國學院大学久我山高校(37年ぶり2回目)
・北信越:敦賀気比高校(6年ぶり6回目)
・東海:日本大学三島高校(初出場)
・近畿:大阪桐蔭高校(4年ぶり4回目)
・中国:広陵高校(3年ぶり5回目)
・四国:高知高校(9年ぶり4回目)
・九州:九州大会は現在開催中

大学の部では仙台大学(仙台六大学)、高校の部ではクラーク記念国際高校(北海道)、花巻東高校(岩手)、明秀学園日立高校(茨城)、日本大学三島高校(静岡)の4校が初出場で、高校の部はフレッシュな顔ぶれの大会となった。