2021年11月26日(金)より東京芸術劇場プレイハウスにて開幕するミュージカル『蜘蛛女のキス』。10月上旬より稽古が開始となり、このたび稽古場ドキュメンタリー動画が到着した。今回公開されたVol.1を始め、今後Vol.3まで公開予定だ。


ミュージカル『蜘蛛女のキス』は、1976年に出版されベストセラーとなった作家マヌエル・プイグ作の小説を原作として1990年代にミュージカル化され、1993年にはトニー賞ミュージカル作品賞などを多数受賞した、日本でも人気の高い作品。
音楽と歌詞は、『キャバレー』や『シカゴ』などのヒット作を生み出してきたコンビ、ジョン・カンダーとフレッド・エブが手掛け、その名曲は、数々のミュージカル俳優によりコンサート等でも歌われてきた。抒情的かつメロディアスな楽曲が、全編にわたり作品を彩る。

あわせて稽古場レポートが公式サイトで公開された。モリーナをはじめとする各キャラクターの関係性や、彼らが織りなすドラマ、多彩な音楽が特に見どころである本作の注目ナンバーなど、作品の魅力が溢れる内容となっている。