2021年第18回ショパン国際ピアノ・コンクールで第2位、およびクリスチャン・ツィメルマン賞(ソナタ最優秀演奏賞)を受賞したピアニスト、アレクサンダー・ガジェヴ。同年7月で優勝を飾ったシドニー国際ピアノ・コンクールでのライヴ録音の国内盤が、2022年1月19日(水)に発売されることが決定した。 

『アレクサンダー・ガジェヴ〜ライヴ』ジャケット写真

『アレクサンダー・ガジェヴ〜ライヴ』ジャケット写真

イタリア・スロベニア出身のガジェヴは、2015年に浜松国際ピアノ・コンクール、2018年にモンテカルロ・ピアノ・マスターズで優勝を果たし、日本でも高い人気を得ている注目の若手ピアニスト。2019年から2021年のBBCのニュー・ジェネレーション・アーティストにも選ばれ、イギリスの主要な音楽祭や演奏会で、リサイタル演奏やBBCオーケストラのソリストとして活躍している。 

今作は、オンライン形式で行われた2021年シドニー国際ピアノ・コンクールのライヴ録音を収録しており、ガジェヴのデッカデビュー・アルバムとなる。ハイドンからショパン、リスト、スクリャービン、そしてプロコフィエフ、ショスタコーヴィチ、メシアン、ヴァインにわたる広いレパートリーで、ガジェヴの才能の豊かさが多角的に表現されている。 

ガジェヴは今作のリリースについて、「このデッカの新しいアルバムがリリースされることをとても嬉しく思います。私の心にいちばん近いところにある作品が収録されています。」とコメントしている。

また、収録曲のコンセプトについて次のように語っている。「今作は、さまざまな部分で構成されています。ショパンの晩年の作品であるバラード、メシアン、そしてスクリャービンの小品。そしてスクリャービンからショスタコーヴィチ、プロコフィエフとつながり、ロシアのパートへと移っていきます。そして最後に、プロコフィエフとカール・ヴァイン、リストを、戦争と死というテーマで結びつけました。」 

ガジェヴは来年1月と2月に「第18回ショパン国際ピアノ・コンクール2021 入賞者ガラ・コンサート」に出演のため、来日を予定している。

来日に向けてガジェヴは「ショパン・コンクールで第2位、そしてソナタ賞を受賞したことは、信じられないような、そして私にとって忘れられない経験です。特に日本の皆さまにとってこのコンクールがいかに大切なものであるかを知っています。今後、皆さんとショパンの音楽をたくさん共有できることをとても嬉しく思っています。そしてコンクールでの受賞という素晴らしい結果を皆さまとともに祝うことを楽しみにしています。」とコメントを寄せている。