2022年1月2日(日)・3日(月)の2日間、東京フィルハーモニー交響楽団が毎年恒例の『ニューイヤーコンサート』(共催:Bunkamura)を開催する。

1911年創設の東京フィルハーモニー交響楽団(東京フィル)は、2022年に創設111年を迎える日本で最も歴史の長いオーケストラ。1989年Bunkamuraオーチャードホールと日本のプロオーケストラとして初めてフランチャイズ契約を結び、以来、数多くの記念碑的コンサートを同ホールで実現してきた。

そんな東京フィルの新年恒例行事である『ニューイヤーコンサート』。アナウンサーの朝岡聡の司会で、新年のはなやいだ雰囲気のもと、 世界に羽ばたく若き音楽家たちの魅力満載のコンサートが繰り広げられる。

例年の様子

例年の様子

例年の様子/ロビーでは着物を着たスタッフがお出迎え (C)K.Miura

例年の様子/ロビーでは着物を着たスタッフがお出迎え (C)K.Miura

例年の様子/縁起物の獅子舞も登場します (C)K.Miura

例年の様子/縁起物の獅子舞も登場します (C)K.Miura

指揮は、長身を生かしたしなやかな指揮と柔らかな物腰で魅力たっぷりの俊才、角田鋼亮(つのだ・こうすけ)。 ラヴェル「ボレロ」やエルガーの行進曲『威風堂々』など、誰もがきっとどこかで耳にしたことのあるメロディの数々を届ける。さらにゲスト・ソリストは日替わりで登場。2日はピアニスト、角野隼斗(すみの・はやと)。「Cateen(かてぃん)」名義でYouTubeにて動画投稿など行うなど、世界に名を馳せる新時代の音楽家だ。そして3日はヴァイオリニストの岡本誠司。2021年に世界の難関コンクールの一つ、 ARDミュンヘン国際音楽コンクール ヴァイオリン部門で見事優勝を勝ち取った実力派だ。

そのほか、投票により当日演奏する曲を決定する「お楽しみ福袋プログラム」や、“東京フィルで『ラデツキー行進曲』を指揮できる権”や豪華景品が当たる「お年玉抽選会」も開催。「福袋プログラム」の結果発表はコンサート当日に行われる。

指揮者 角田鋼亮 (C)Hikaru. Hoshi

指揮者 角田鋼亮 (C)Hikaru. Hoshi

ピアニスト 角野隼斗 

ピアニスト 角野隼斗 

ヴァイオリニスト 岡本誠司 (C)S.Ohsugi

ヴァイオリニスト 岡本誠司 (C)S.Ohsugi

司会 朝岡聡

司会 朝岡聡

東京フィルハーモニー交響楽団 (C)上野隆文

東京フィルハーモニー交響楽団 (C)上野隆文