Barbican Estateが12月22日(水)の正式リリースに先駆け、11月10日(水)にアルバム『Way Down East』より数曲を先行リリースした。

今作『Way Down East』は、Barbican Estateにとって初のアルバム。タイトルはDWグリフィスの映画『東への道』に因んで名づけられ、西から東への魂の浄化への旅をイメージして制作された。A面は主に西洋のポップカルチャーから影響を受けた楽曲が並び、B面では東洋の神秘思想から着想を得た曲たちが収録されている。なお、今作も東京・浅草橋のレコーディングスタジオ、ツバメスタジオでレコーディングを実施した。

また、ミックスとプロデュースには、KikagakumoyoやSatomimagaeなどのプロデュースを手掛けたHideki Urawa(Rollo)を迎え、これまでのビンテージ機材による有機的なノイズサウンドに加えて、よりサイケデリックで雄大な音像へと進化しているという。アートワークとアーティスト写真はKentaro Takahashiによるデザイン。

『Way Down East』

『Way Down East』

そして、『Way Down East』の発表を記念して12月26日(日)には下北沢SPREADにてリリースイベントを開催。特別上映としてアントナン・アルトー脚本のシュールレアリスム映画『貝殻と僧侶』(1927)の生演奏付き上映も予定している。活弁ならぬ活弦演奏にはアルバムプロデューサーのRollo、ギターのKazuki Toneri、パーカッションにはドラムのKoh Hamadaが出演する。

さらに、先月リリースされたシングル「The Divine Image」と、昨年12月にリリースされた「The Innocent One」を先行配信。「The Innocent One」はHideki Urawaによる新たなミックスが施され、ウィリアム・ブレイクの世界観を現代に蘇らせたかのような楽曲に仕上がっているとのこと。