毎週水曜日に、その週の新曲を中心に更新されるSpotifyのプレイリスト『New Music Wednesday』。このプレイリストの中身をさらに深掘りするSpotify公式ポッドキャスト『New Music Wednesday [Music+Talk Edition]』では、プレイリストだけでは知ることのできないエピソード、そしてSpotifyのエディター(プレイリストを構成している人たち)のこだわりなどを紹介していく。この番組をチェックすると話題の新曲が知ることができて、今の音楽シーンがまるわかり! ポッドキャストはあなたの通勤、通学、スキマ時間に無料で聴くことができるので是非チェックを! ナビゲーターは竹内琢也。SPICEでは番組でピックアップされた楽曲を掲載。今週は『New Music Wednesday』のカバーを飾っている菅田将暉の楽曲を中心に13曲を紹介。 

菅田将輝「ラストシーン」


11月24日(水)にCDリリースされる楽曲「ラストシーン」が、11月7日(日)に先行配信されました。現在放送中のドラマ『日本沈没―希望のひと―』の主題歌で、「さよならエレジー」や「虹」など過去に何度もタッグを組んでいる石崎ひゅーいが楽曲提供しています。ちなみに先日「虹」はビルボードJAPANチャートでストリーミング累計2億回を突破。これは2019年の「まちがいさがし」に続き、自身2曲目のストリーミング2億回達成となります。

eill「23」


11月10日(水)にシンガーソングライターeillの新曲「23」(トゥエンティスリー)がリリースになりました。eillは自身のTwitterで「20-23歳になったわたしたちの話」と表現していますが、この曲はeillがインディーズ時代の2019年5月にリリースした「20」の続編となる曲で、歌詞にもリンクしていたり、比較したりできる部分が多く出てきます。曲だけでなく、ジャケット写真、ミュージックビデオなどのすべてのクリエイティブをeillが手がけており、Twitterには自身でMVを編集する姿も投稿されています。

優里「ベテルギウス」


10月1日(月)に「シャッター」を『THE FIRST TAKE』で公開してから3日で100万再生を突破&人気急上昇8位と勢いが止まらない優里。先週11月4日(木)には、先に同じく『THE FIRST TAKE』で公開されており、現在860万回再生を突破(11月10日(水)午前時点)している新曲「ベテルギウス」をリリースしました。先週の『New Music Friday Japan』にリストインした楽曲の中で圧倒的なパフォーマンスだったとSpotifyエディトリアルチームが語っていて、Spotifyではプレイリスト『Teen Culture』のカバーを飾っています。

KM、BIM「Far East -ココ極東-(Theme of +81 Connect) 」


この『Spotify New Music Wednesday Music+Talk Edition』にて、何度か紹介しているヒップホッププレイリスト『+81 Connect』のテーマソング第5弾「Far East - ココ極東 - (Theme of +81 Connect) 」が11月10日(水)にリリースとなりました。プロデューサーKMによるトラックにのせて、今回のアーティストBIMがラップをしています。ちなみにSpotifyにはKMが携わった作品をまとめて聴くことができる『KM Works』というプレイリストがあり、過去のKMの作品はもちろん、『+81 Connect』のテーマソングとして既に公開されているAwich、LEX、Daichi Yamamoto、Leon Fanourakisのものを全て聴くことができます。

(sic)boy「BLACKOUT SEASON feat.フェム(Prod .KM)」


11月10日(水)に、Spotifyが大きな飛躍が期待される注目アーティストを選ぶ『RADAR:Early Noise 2021』にも選出されているアーティスト、(sic)boyの新曲でKMがプロデューサーとして参加している「BLACKOUT SEASON」がリリースになりました。年内リリース予定の2ndアルバム『vanitas』からの第3弾先行配信となる曲で、11月9日(火)にティザー動画が公開されていました。(sic)boyは10月6日(水)に「Creepy Nightmare feat. lil aaron」をリリースしたばかりで、興奮もまだ冷めない中のリリースとなります。今回フィーチャリングゲストとして迎えているのはフェム。アメリカのポップパンク、 オルタナティブ・ラップシーンのアーティストで、過去にはマシン・ガン・ケリー、イアン・ディオール、ブリンク182のドラマーでもあるトラヴィス・バーカーなどとコラボレーションしています。

macico「essay」

(sic)boyとともに『RADAR:Early Noise 2021』に選出されている3人組ユニットmacicoのニューソング「essay」が、11月10日(水)にリリースされました。「寄り添う音楽」をテーマとして、J-POPを中心にクラブやラウンジ、R&Bの要素を取り入れたキャッチーなサウンドが特徴のmacico。新曲は彼らが得意とする、2000年代初頭のR&Bやクラブ・ジャズ、ラウンジ・ミュージックなどの要素をおりまぜ、macico流のエレクトロポップの爽やかな一曲になっています。Spotify Japanのエディトリアルチームによると、最初は海外チームがmacicoを『Fresh FInds』などの大型プレイリストにピックアップし、その流れでSpotify Japanチームも色んなプレイリストにピックアップするようになったそう。その後Spotify Japanチームはmacicoの音楽を紹介するために「aloe」という曲にちなんだ同名のプレイリスト『aloe』を立ち上げています。

Tina Moon「Chicken Street」


AmPmを仕掛けたYutaka Takanamiが運営するNamy& Recordsから、2000年生まれのシンガーソングライターTina Moonの4曲目のシングル「Chicken Street」が11月10日(水)に配信されました。情報があまりなく、曲もまだ4曲しかリリースしていませんが楽曲のクオリティは素晴らしく、今回の『New Music Wednesday』でも上位にピックアップされています。Spotifyエディトリアルチームも注目のアーティストです。

ポスト・マローン、ザ・ウィークエンド「One Right Now」


ポスト・マローンがザ・ウィークエンドとコラボレーションした新曲「One Right Now」が、先週11月5日(金)にリリースされました。多くの国で『New Music Friday』のカバーを飾っていて、『New Music Friday Japan』のカバーも飾っています。同楽曲にはプロデューサーとして、今年カニエ・ウェストの『DONDA』やジャスティン・ビーバーの「Justice」、そしてポスト・マローンが7月にリリースした「Motley Crew」にも関わっているルイス・ベルが参加しています。ほかにも、前作「Hollywood's Bleeding」に参加していたブライアン・リー、さらにセレーナ・ゴメスやリンキン・パークの楽曲に参加しているアンドリュー・ボルーキーらを迎えています。

シルク・ソニック「Smokin Out The Window」


デビュー・アルバム『An Evening With Silk Sonic』を来週11月12日(金)にリリース予定のシルク・ソニック。それに先立ち、11月5日(金)には、2021年3月にリリースされた「Leave the Door Open」、2021年7月にリリースされた「Skate」に続き、アルバムからの3枚目のシングル「Smokin Out The Window」がリリースされました。新作アルバム『An Evening With Silk Sonic』にアリアナ・グランデとチャイルディッシュ・ガンビーノが参加しているという報道が出ました。噂の発端はこのアルバムに参加しているブーツィー・コリンズがインスタグラムにて、アルバムリリースに関する投稿にアリアナ・グランデとチャイルディッシュ・ガンビーノをタグ付けしたこと。現在この二人へのタグ付けは削除されています。

RADWIMPS「MAKAFUKA」


11月5日(金)にRADWIMPSの新曲「MAKAFUKA」が、11月23日(水)にリリースとなるニューアルバム『FOREVER DAZE』から先行リリースされました。スマートフォン向けアプリゲーム『グランサガ(Gran Saga)』のテーマソングです。そしてこの曲をもとに制作された『摩訶不思議』というスペシャルアニメーションが現在公開中。これは『君の名は。』『怒り』『竜とそばかすの姫』などを世に送り出してきた川村元気が企画、プロデュースをしています。新曲「MAKAFUKA」と『摩訶不思議』は、RADWIMPSの野田洋次郎と川村元気の2人がアイデアを出し合い、意見を交わしながら約1年間をかけて制作された作品です。

ハンバート ハンバート「ねぎらい」


<今週忙しいから遅くなるって 月曜日の朝の君が言って>と夫が歌えば、<ゴミ出しよろしくって火曜日の君>と妻が歌う……このように夫婦の日常の何気ない会話を掛け合いで歌っていくハンバート ハンバートの「ねぎらい」。この曲は2018年に限定公開されたサントリー「ザ・プレミアム・モルツ」のWebムービー『おつかれ様をそそごう。』のために書き下ろされた楽曲で、ファン待望の音源化となります。

トレド「Beach Coma - Spotify Singles」


Spotifyの人気プレイリスト『Fresh Finds』によるシングルが公開になりました。夏に第1弾として4作品が公開され、世界中で100以上のプレイリストにピックアップされています。第2弾として今回も4作品が同時リリースになり、『Spotify New Music Wednesday』にもリストインしています。このトレドはNYブルックリンを拠点とする2人組。インディロック、ベッドルーム、サーフロックなど様々な要素を詰め込んだドリーミーなサウンドが特徴です。

TOMORROW X TOGETHER「0X1=LOVESONG (I Know I Love You) feat. 幾田りら」


韓国の5人組グループTOMORROW X TOGETHERが日本1st EP「Chaotic Wonderland」をリリースしました。Spotify 『New Music Wednesday』にリストインしているこの曲は、5月にリリースされたアルバム『The Chaos Chapter: Freeze』に収録されている「0X1=LOVESONG (I Know I Love You) 」の日本語バージョンです。原曲は韓国のシンガーSeori(ソリ)がフィーチャーされていますが、日本語バージョンはYOASOBIのメンバーでもある幾田りらを客演に迎えています。他には、既存曲の「MOA Diary (Dubaddu Wari Wari)」の日本語verや、GReeeeNが書き下ろした日本オリジナル曲となる「Ito」、自身初の英語曲となる「Magic」の全4曲が収録されています。

文=竹内琢也、Y.SHOGO