BUCK-TICKが、2021年12月29日(水)に日本武道館公演『魅世物小屋が暮れてから〜SHOW AFTER DARK〜 in 日本武道館』を開催することが決定した。

BUCK-TICKが12月29日に行う日本武道館公演は、2000年に行われた『TOUR ONE LIFE, ONE DEATH』からスタートして以来、2019年は日本武道館の改修工事により会場を国立代々木競技場第一体育館に移しての開催となったものの、毎年連続で行われてきた特別な公演。

当初10月より全国ツアーを予定していたが、今井寿(G)の怪我によりツアーは中止となった。

この度発表された『魅世物小屋が暮れてから〜SHOW AFTER DARK〜 in 日本武道館』は、今井寿の復帰ライブであり、2021年唯一観客を前にしてのライブとなる。

本公演は今年7月に配信し、好評を博したStreaming Live『魅世物小屋が暮れてから〜SHOW AFTER DARK〜』を踏襲し、蠱惑(コワク)的な世界観を年末ならではのスペシャルなメニューでおくるという。

現在ファンのための企画として、ツアー初日となるはずだった10月3日から12月26日まで毎週日曜日20時からYouTubeのBUCK-TICKチャンネルで過去の貴重なライブ映像の配信を行う「BUCK-TICK SUNDAY STREAMING SPECIAL」を開催している。

また、公演同日12月29日に発売となる昨年の日本武道館ライブを完全映像化した、『LIVE Blu-ray & DVD「ABRACADABRA THE DAY IN QUESTION 2020」』のジャケット写真が公開となった。今作もアートディレクションは秋田和徳氏が務めている。

本作は、完全生産限定盤と通常盤の2種類が用意されライブで演奏された全21曲を完全収録。映像は新たに編集を施し、生配信や放送とは異なるオリジナルヴァージョンとなる。完全生産限定盤は、ライブCD2枚組、全80Pに及ぶLPサイズのフォトブックを付属した豪華スペシャルパッケージ仕様。

さらに、「LOVE ME」では各メンバーのソロショットを追ったマルチアングル映像を楽しめる機能も追加された。現在、早期予約キャンペーンを実施中。キャンペーン対象期間内に対象チェーンにて、完全生産限定盤を予約するともれなく「2022オリジナルカレンダー」をプレゼント。対象期間は2021年11月23日(火・祝)23:59までとなる。