ミュージカルを中心に活躍する田村芽実と、YouTuberのほか近年は女優としても活動の幅を広げているめがねを迎えて2022年1月19日(水)〜1月23日(日)、二人芝居『Equal-イコール-』の上演が決定した。

『Equal-イコール-』は、舞台『刀剣乱舞』、舞台『鬼滅の刃』など2.5次元作品やTRUMPシリーズなどでも知られる末満健一のオリジナル戯曲で、2014年、大阪の小劇場で誕生。その後、東京、ソウル、リーディング公演等、繰り返し上演されている人気作品だ。

物語の舞台は18世紀末期。ヨーロッパの田舎町の秋。幼馴染の二人の女の子が狭い屋根裏のような部屋で暮らしていた。ひとりは肺の病を患い、ひとりは小さな診療所で新米医師として働きながら。ある日、不治といわれる病を治そうと「錬金術」を蘇らせようと試みる。それは、「不老不死」の実現を目指すものであった。しかし、二人は次第に不可解な行動を見せるようになり、彼女たちの7日間が始まる…。

これまで男性によって演じられてきた戯曲だが、今回は女優バージョンで上演。演出には文学座所属で、硬派な作品に定評がある気鋭の演出家・稲葉賀恵を迎え、少女たちの日常が、溶け合わさり、入れ替わり、自己が崩壊してく抒情あふれた世界を繰り広げる。会場は、今年再開となった伝説の小劇場・新宿シアタートップスとなる。

コロナ禍によって演劇が厳しい状況に置かれている今、自分たちは何者なのか、どこからきて、ここ(劇場)を経て、どこに行くのか…。「自己形成」とは何かを問いかける、奥深い戯曲に挑む。

田村芽実 コメント

初めて赤坂の劇場で、『Equal-イコール-』を観劇した時、雷を打たれたような衝撃が身体中に走り、「舞台ってこんなにすごいんだ。お芝居って、こんなに人の心を掴むんだ」と、その日の夜は眠れなかったことを覚えています。それから数年後、初の女性版として生まれ変わったこの作品に出演させていただけること、とても嬉しく思っています。
また、演出の稲葉さん、お相手役のめがねさんとは初めてご一緒させていただきます。初めての2人芝居なので、思いっきり悩んで、ぶつかって、足掻いて、本番に向けてお稽古に励んでいけたらと思っています。

めがね コメント

二人芝居『Equal-イコール-』に出演いたします、めがねです。なんて名前だ!何者だ!と思いますよね(私もそう思います)何者かは是非劇場にてお客様の目で確かめていただけたらと思います。
と前置きはここまでにしまして…『Equal-イコール-』という戯曲は今まで男性が演じてきたそうで、今回は女性2人で上演するという新たな試み、そして私自身が二人芝居をするのが初の試みです。苦しい状況が少しずつ明け、新たな舞台に挑戦できることに大変感謝いたします。皆様に劇場でお会いできる日を凄く凄く楽しみにしながら、頑張りたいと思います!