2022年3月に帝国劇場で上演される、舞台『千と千尋の神隠し』(プレビュー公演は2月末から)。2001年の公開以降、日本のみならず米国アカデミー賞長編アニメーション映画部門賞を受賞(03年)するなど、世界中で大ヒットし今なお愛され続けている宮﨑駿監督の傑作映画が、世界で初めて舞台化される。演出を務めるのは、『レ・ミゼラブル』オリジナル演出を手掛けたジョン・ケアード。主役の千尋役に橋本環奈、上白石萌音という、今最も旬な女優ふたりがダブルキャストで挑むほか、豪華キャストが勢ぞろいするビッグプロジェクトだ。

この注目作で、千尋を助ける謎の美少年・ハクを演じるのが醍醐虎汰朗と三浦宏規。映画『天気の子』主人公・森嶋帆高役を2000人の中からオーディションで勝ち取り、注目を集めた醍醐、そして『レ・ミゼラブル』『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』『グリース』と注目作に次々と出演しているミュージカル界の新星・三浦、ともにまだ20代前半のフレッシュな若手俳優だ。11月に開催された製作発表会見直後、ふたりに作品に対する意気込みを聞いた。

ーーいよいよ舞台『千と千尋の神隠し』が始動しますね。製作発表会見に挑んだ心境は。

醍醐:思ったより圧が強かったです(笑)。一瞬ちょっと、場の雰囲気に呑まれそうになってしまいました。でもこんなプレッシャーを感じることも、人生においてそうはないだろうと思ったので、それを全身で感じられたことを大事にしたいです。千穐楽の日まで、自分で心地よいプレッシャーを作っていけたらと思います。

醍醐虎汰朗

醍醐虎汰朗

三浦:改めて「始まったな」という気がしています。オーディションを受け、作品の発表があって。情報が解禁されたタイミングではたくさんの方からメッセージをいただきましたが、まだちょっと実感がなかったんです。本当にやるのか夢のようでしたが、今日、やっぱり夢じゃないんだと(笑)。考えてみたらもうあと少しで本当に始まるのだなということを実感しています。
ーー日本アニメ映画史上に残る名作『千と千尋と神隠し』。おふたりがこの作品に出会ったのはいつですか?

三浦:多分、小さい頃にテレビで放送されていたのを見たのが最初だと思います。その時の印象は……不思議、不気味、怖い。それでも、最後まで全部見ていて。小さい子どもだと、嫌だなと思ったら見ないじゃないですか。でも最後まで見たというのは、それだけ惹き込まれるものがあったからでしょうね。小さい頃は自分が千尋だと思って、千尋と一緒に物語を体験しているように見ていた気がします。そして少し大人になった今改めて見ると、この作品の素晴らしさに改めて気付きました。でも子どもながらにも、何か躓いても、千尋みたいに諦めずにいたら、結果的にいいことがあるんだよというメッセージを受け取っていたのかも。自分に子どもができたら、その子にも絶対に見せたい。そんな名作の初の舞台化に出演できる自分が誇らしいですし、作品に恥じぬよう頑張らないと、と思います。

醍醐:僕もたぶん小学生くらいの時に見ています。そのころの僕は戦隊ものやアクション映画を見るのが好きなタイプだったのですが、そういった作品とは違って、『千と千尋の神隠し』をはじめジブリ作品はマイナスイオンではないですが、穏やかで優しい気分になりました。大人になって……まだ若いですけれど(笑)、改めて見たのはハクを演じるかもしれないとなってからです。そうなると、ちょっと研究材料ではないですが、「ハクの歩き方はこんな感じか」「腕の角度はこのくらいで走るんだな」という視点で無意識に見てしまうので、以前とは見方が変わりました。

ーーオーディションを経て出演が決定したそうですが、オーディションはどんな感じでしたか?

三浦:オーディションではジョン・ケアードさんがいらして、その前でハクの台詞を読みました。意外と「こう読んでみて」というようなオーダーもなく淡々とやりました。あとはハクが龍になる場面の音楽を素材でいただいて、僕はバレエをやっていたからか「振りを考えてきてください」というオーダーを受けて、1分半くらい自分で振りをつけていきました。こんな経験は初めてで、どのようにハクっぽく作るのかもハクっぽく踊るのかもわからなかったのですが、できませんとは言いたくなかったので自分で振りを考え、ジョンさんの前で披露しました。すごく喜んでくださって、あとは雑談をけっこうして(笑)。雑談のあともう一回台詞を読んだりするのかなと思ったら「OK、サンキュー」と言われて終わったので「ああ落ちたな」と思ったのですが、本当に嬉しいです(笑)。自分が見せられるものは見せようと挑んだオーディションでしたが……不思議な、ちょっと僕としては手ごたえがない感覚でした。だから合格したと聞いたときはびっくりしすぎて。どういうシチュエーションでその報せを聞いたか覚えてないくらいです。

三浦宏規

三浦宏規

醍醐:僕はその点、ダンスは未経験なので、オーディション前に短期間スタジオをとってみっちりダンスを練習して、なんとか形にしてダンス審査の動画撮影をしました。お芝居の審査の方は、これは僕も初めての経験でしたがリモートで、ジョンさんが画面の向こうにいる状態でのオーディションでした。おにぎりのシーン(千尋がハクからおにぎりをもらう名シーン)をやったのですが、誰か相手役がいらっしゃるのかと思っていましたが会場には誰もいなくて。カメラから目を離さないでくださいと言われ、カメラをずっと見ながら台詞を話すという……。難しかったですね。でも僕は、(手ごたえ的に)ダメな気はしなかったです!

ーーまだお稽古前とのことですが、現時点で思うハクという役柄の魅力は。

三浦:まずハクは神様である、人ではないというのが難しいところですね。『千と千尋の神隠し』という話は、ほとんどの人が千尋に感情移入をし、千尋を通して物語を見ると思うんです。その目線で見ると、すごく頼もしい存在。100人が見て100人、ハクを嫌いな人なんていないと思うくらい、魅力的な役だと思います。でもハクは千尋に手助けをするのですが、彼自身、自分の名前を思い出せていない。自分も帰れないのに千尋を助けてあげる。そう思うと、とても切ないです。ハクはカッコいい、美しい、きれいな龍というものが表面上にはあると思うのですが、その中にある儚さみたいなものが、大きな魅力なのだろうなと思います。

醍醐:僕の思っていることをほとんどおっしゃってくださいました(笑)。ハクの魅力はとにかくカッコいいところ。千尋にスポットをあて、彼女のフィルターを通して物語を見ますので、必然的に助けてくれる存在であるハクはカッコよく映りますよね。所作も王道のカッコよさ。あとはもう……顔ですよね! 顔がカッコいい。メイクで僕もなんとかならないかな(笑)。頑張ります!

ーーおふたりとも2.5次元作品の経験がありますが、今回もアニメ原作ということで、その経験が活きてきそうですか?

三浦:うーん……僕は、これは2.5次元ミュージカルだ、グランドミュージカルだとジャンル分けすることはちょっと違うのではと思っています。見る方がバレエが好き、オペラが好きというように“好きなジャンル”として存在するもので、作る側としては作り方を変えることはしていません。そもそも、2.5次元作品でも、それ以外でも、“このキャラクターに寄せる、似せる”ということをあまりしていません。真似をするって、簡単なんですが、表面から入るのは誰でもできちゃう。でもそうではなく、もっと役の中身から作っていくことを大事にしようとしています。なので今回も台本を読んで、どう受け取るかが大事で、その上でジョン・ケアードさんの前で自分の作ったものを提示し、創造していく。もちろん原作はしっかり見て世界観を勉強しますが、実際に生の身体から生まれるものを大切にしたいです。アニメ原作だからというようなことはあまり考えずに、いつも通り、これまで培ったすべてのものを注ぎ込んでいけたらと思います。

醍醐:僕も役作りにおいては三浦さんと似ています。おっしゃったように多少耳が良い人だったら真似ることは簡単で、そうではなく(物語の中で)“生きる”、そこを体現しないと俳優が演じる意味がありません。ただ、僕は作品によってアプローチは変えています。例えば需要と供給はすごく大事だなと最近学びました。作品に合ったテイスト、作品が求めているテイストのお芝居というものはある。今回に関しては規模が大きすぎて、どの層に向けて作っていけばいいのかまだわからないのですが、それはジョンさんと話し合っていけたらと思います。そのスタンスも変わらないですね。一番大事なのは、監督や演出家を信じることだと思います。

醍醐虎汰朗

醍醐虎汰朗

ーー醍醐さんは帝国劇場初出演。数々の俳優さんが愛している劇場に立つということについての思いを教えてください。

醍醐:帝国劇場という名前は、この業界にいる人なら誰でも知っています。そこに、しかも『千と千尋の神隠し』という作品で初めて立てるというのはとても光栄で幸せに思います。……でも皆さんから脅されるんですよ。「足がすくむぞ」とか。

三浦 それ、僕が言った(笑)。

醍醐:(笑)。だから怖さみたいなものは若干あります。それこそよく言われるように魔物が棲んでいるのかもしれません。でも僕は基本的にポジティブな性格なので「しっかりやる事をやっていればなんとかなるでしょ!」と思っています。劇場の由緒正しさによって、身も気も引き締まりますし、良い具合にプレッシャーをかけてくれそうです。しっかり帝劇に立つということを噛みしめたいと思います。楽しみです。

ーー三浦さんはすでに何度か帝国劇場に立っていますが、帝劇ならではの感覚はありますか?

三浦:はい、足がすくみます。それは、舞台に立つという仕事をやればやるほど、その偉大さを感じ、どんどんすくんでいくんだろうなとも思っています。魔物にはまだ会ったことはありませんが(笑)。でもまたあの舞台に立てるのは光栄です。あと帝国劇場はミュージカルを上演することが多く、今回も『千と千尋の神隠し』をやると言ったら「ミュージカルなんでしょ」とけっこう言われるんです。ミュージカルではない作品で、帝劇に立てるのも嬉しいです。

ーーたしかに、ミュージカルではないんだ、と思いました! ただ先ほどのオーディションの話を聞くと、ハクは踊りそう……?

三浦:いやぁ、本当にどうなるんでしょうねぇ。わかりません! 本当に(笑)。

醍醐 :(さらりと)踊るんじゃないですか?

三浦:(笑)。という感じです。踊るのかもねー? という。ジョンさんが何を思い描いているのか……。

ーーおふたりとも身体表現は長けていらっしゃいますし、踊りたい?

三浦:自分が得意だから踊りたい、という気持ちは特にないのですが、ハクを表現するためにダンス的なものを取り入れた方が伝わりやすいとなれば、もちろん精いっぱいやります。

三浦宏規

三浦宏規

醍醐:でも身体ひとつで、人から龍になることを表現するとしたら、普通に演じていたらできないと思うので、舞のようなものは取り入れるのはあるかもしれないですね。ただ僕はダンス経験者ではないので、ダンスが増えれば増えるほど僕の睡眠時間は減っていきます(笑)。そうなったら居残り練習を精一杯頑張りたいですが……少ないことを祈っています(笑)。

ーー千尋役は橋本環奈さんと上白石萌音さん。今、本当に様々なところでご活躍の女優さんたちです。おふたりが千尋役だということについての印象は?

三浦:僕は今日(製作発表で)初めてお会いしましたが、発表されたポスタービジュアルを見て「千尋だー!」と思いました。おふたりともよくテレビでは拝見していますが、まったくイメージが違っていて、本当に千尋でした。お稽古するのが楽しみです。

醍醐:僕はどちらとも面識がありますが、まだ千尋といっても想像がつきません(笑)。と言いますか、共演のどの方も、役としてどうなるのか想像つかない。だって腕が6本生えたり(釜爺)するんですよね? 湯婆婆/銭婆役のお二方だって、普通の顔のサイズでしたし(笑)。でも千尋のおふたりは、ちゃんと真ん中にドンといてくれそう。頼りがいがありますが、少しでも僕も助けることができたら、と思います。

三浦:……本当にいよいよ『千と千尋の神隠し』が始まるんですよね。

醍醐:ですね。今日は僕、(共演の)全員の方に対して緊張していました。怖く見えましたもん。すごいところに迷い込んじゃったよ〜! と。

三浦:僕ら、(千尋と違って)ビジュアル撮影をやっていないんです。だから「本当に上演するのかな?」と思っていたところがあるのですが(笑)。今日、千尋のポスターを見て、現実だったんだ……と感じました。頑張りましょう!

(左から)三浦宏規、醍醐虎汰朗

(左から)三浦宏規、醍醐虎汰朗

 

■醍醐虎汰朗
ヘアメイク:七絵
スタイリング:MASAYA

衣装クレジット:パンツ ¥40,700(AOI WANAKA)その他スタイリスト私物 ※全て税込み表記。
お問い合わせ先:AOI WANAKA(03-6805-0029)

■三浦宏規
ヘアメイク:AKi
スタイリング:小田優士

取材・文=平野祥恵   撮影=荒川潤