最新TVシリーズ『ウルトラマントリガー』や、サブスクリプションサービスなどの「TSUBURAYA IMAGINATION」も好評展開中の円谷プロ。その新たな試みとして、ネットを通してファンがリアルタイムでウルトラマンの物語に飛び込める没入型ライブアトラクション「INTO THE STORY」が誕生。その第1弾として12月18日にスタートした『ウルトラマントリガー -超古代の秘宝-』で明らかになった、気になる新アトラクションの内容をレポートしよう。

■あの主人公達とライブでやりとりが! そして物語の展開を決めるのはファンの選択次第?

超古代の遺跡から発見された「時の石板」を手に勝ち誇る「闇の巨人」カルミラと、その力の前に為す術なく敗れるウルトラマントリガー、ジャグラス ジャグラー、ウルトラマンゼット達…そんな衝撃のプロローグと共にアトラクションは始まるが、このビジョンは最悪の結末だと告げる不思議な声が。そしてこの運命を避けられるのは、ネットを通して参加しているファンの「意思」なのだと告げて、第一話「扉をひらく物語」の幕は上がる。

場面は変わって、火星で発見された古代遺跡の調査に向かうウルトラマントリガー/マナカ ケンゴ(寺坂頼我)が登場するが、「視線を感じる」とディスプレイ越しに見ているファンへと視線を合わせてくる……そう、このアトラクションでは、何とTVシリーズのキャストが生出演! 

見ているファンと「意思が繋がっている」という設定で、キャストからの質問にファンがチャットで応えるとそれを拾ってリアクションしてくれるなど、ライブ感あふれるやりとりが楽しめるのだ。


そんなシステムを活かした仕掛けが、ストーリー中に登場する選択肢。「カップラーメンとカップ焼きそばどちらを食べる?」といった軽いモノから、立ちふさがる敵に対してどんな戦い方で挑むかまで、物語の要所で様々な二択の選択肢が登場。各ファンがどちらかを選んでたくさん選ばれた方に合わせて、ストーリー展開が変わっていく。キャストが生出演しているパートでは、それに合わせたアドリブなども見所だ。

■画面のタップや「ギフト」を送ってウルトラマンを応援! 一緒に戦い未来をつかめ!

火星の古代遺跡ではウルトラマントリガーに変身したケンゴが、遺跡の財宝を狙って現れたバルバロッサ星人やカルミラ・ダーゴン・ヒュドラムら「闇の巨人」、そして何かの思惑を秘めたジャグラス ジャグラーらと遭遇。彼らとの様々な駆け引きや戦いが繰り広げられる。

ここでは選択肢の他にマウスのクリックや画面のタップで物語内の状況を変えたり、チャットを利用して無料の様々な「ギフト」を送ることでウルトラマントリガーを応援してパワーを与えるといった仕掛けも登場。一緒になって戦っている感覚を存分に味わえるのだ。

ストーリーの最後ではキャストがリアルタイムでチャットで送られる感想に応えてくれるなど、ファンには嬉しいサービスも盛り込まれている『INTO THE STORY ウルトラマントリガー -超古代の秘宝-』。

来年1月8日公演の第二話「闇に染まる物語」では今回登場したジャグラス ジャグラー役の青柳尊哉が、1月9日公演の第三話にはナツカワ ハルキ役の平野宏周が生出演。一日四回公演なので、キャストの生のリアクションをたくさん見たい人や他の展開も選びたい人は、複数回参加しても楽しめること間違い無しだ。

なお、各回ごとに放送後に表示されるQRコードからアクセスすると特典にアクセスできたり、3つの物語をすべて見たあとには特典映像もあるという。

 配信だからできる仕掛けとライブ感あふれるノリをインタラクティブに楽しめる「INTO THE STORY」。ウルトラマンシリーズのファンはぜひその魅力を年明けの二公演に参加して確かめてみよう。

取材・文:斉藤直樹