2022年2月3日(木)・2月7日(月)PARCO劇場にて、『「ラヴ・レターズ」LOVE LETTERS〜31st Season Anniversary Special〜』が上演されることが決定した。

2020年2月、新生PARCO劇場のこけら落とし公演で500回目の上演を行い、8月には30周年を迎えた朗読劇『ラヴ・レターズ』。舞台にはテーブルと二脚の椅子。並んで座った男と女が、手にした台本を読み上げるだけの2時間の物語だ。2021年も2月から3月にかけてオープニングシリーズとして本作は上演された。そして今回、2022年2月には、『ラヴ・レターズ』31周年記念として上演する。

溝口琢矢&仙名彩世

溝口琢矢&仙名彩世

2月3日(木)は、舞台のみならず、映画「大河への道」(22年5月公開予定)への出演ほか、活動の幅を広げる若手俳優・溝口琢矢。2017年〜2019年に宝塚歌劇団花組トップ娘役を務め、退団後もミュージカルを中心に活躍中の仙名彩世の二人が出演。フレッシュかつ繊細に愛の物語を紡ぐ。

岡本健一&奈良岡朋子

岡本健一&奈良岡朋子

2月7日(月)は、岡本健一と奈良岡朋子が出演。2011年に上演した組み合わせで、11年越しの再演にして、このカップルでの上演は最後となる。奈良岡の演技に岡本が感銘を受け、劇団民藝で二人芝居を上演するなど、師弟関係ともいえるような強いきずなで結ばれた二人。92歳の奈良岡が、1994年に愛川欽也と初めて出演して以来出演を重ねた本作への出演は今回が最後と語っており、万感の想いを込めておくる。

『ラヴ・レターズ』2011年度公演より (左から)岡本健一、奈良岡朋子  撮影:加藤幸広

『ラヴ・レターズ』2011年度公演より (左から)岡本健一、奈良岡朋子  撮影:加藤幸広

演出を務めるのは、本作品の翻訳・演出家として469回の『ラヴ・レターズ』と共にあった青井陽治の思いを受け取り、演出家として後を継いだ、藤田俊太郎。青井の演出を大切にしながらも、藤田は『ラヴ・レターズ』の新たなページを紡いでいく。

演出:藤田俊太郎 コメント

これまでの上演の中で、402回目に登場したのが岡本健一さんと奈良岡朋子さんです。“同年代の2人が出演する”という慣習となっていた上演の在り方を塗り替え、レジェンドとなったお二人が再び『ラヴ・レターズ』に挑戦します。またフレッシュで気鋭の溝口琢矢さん、仙名彩世さんカップルと共に、31シーズン目の新たな1ページを演出していきたいと思います。観客の皆様にはいつの時代も変わらない手紙のやりとりの愛や慈しみを感じていただけたら幸いです。

溝口琢矢 コメント

過去500組以上のカップルによって読み続けられてきた『ラヴ・レターズ』。この度お声をかけて頂けたことに感謝すると同時に、ご一緒させて頂く仙名彩世さんと共に、素敵なラヴ・レターズを紡ぎたいと思います。

仙名彩世 コメント

長く愛され続けるこの作品に携われること、ただただ嬉しく思います。
「手紙」って、私にとって特別なもので……元気がほしい時に読み返すこともあるんですよね。
大切に物語を紡いでいきたいです。
一度だけの舞台、とても楽しみにしています。

岡本健一 コメント

2011年の2月に念願が叶って初めての奈良岡さんと共演。一回しかない本読み稽古の時、私は舞台役者の神髄を知りました。目の前で体感しました。
その声、それはそれは見事でした。
冒頭から、当時80歳を過ぎた奈良岡さんが幼馴染みの無邪気な女の子にしか聞こえなかったのです。
そこから物語が進み、時代が過ぎて行く全ての情景、不思議なことに成長していくメリッサの姿までが、頭の中、心に浮かび上がっていました。
同時に自分の下手くそさと伝わらなさを感じました。奈良岡さんには「あなた何にも出来てないわよ」と言われ、私は「すみません。ちゃんとした舞台役者になりたいんです! 今までもやってきて、それなりに評価もあったから自分勝手に自信を持っていて、今に至ると思っていたのですが、奈良岡さんと本読みをして、ハッキリと自分は基本が出来ていない、これは駄目だ、舞台役者でもなんでもないことに気付きました。舞台役者になるために必要な事を教えて下さい! お願いします! そして『ラヴ・レターズ』の本番では、ちゃんと存在します」なんて思いを伝えました。有り難いことに奈良岡さんは受け止めてくれて、短時間で基礎を叩き込まれ、自主稽古をして1週間後に本番に挑みました。
40歳の歳の差カップルの私達の公演は、後になって伝説になっていることを演劇関係者に聞きました。
自分でもそうだと思うというくらいに、アンディーとメリッサでした。
今回、奈良岡さんの「10年を経た私達で、『ラヴ・レターズ』をやらない? やってみたいのよ!」という言葉を聞き、驚きと喜びが溢れ、是非ともお願いします!と今に至ります。心から感謝します。

10年を経た私達はどんな二人になるのか、この哀しみに満ちた愛の物語は、何処へ行くのだろうかという未知の世界に、気持ちが上昇して行きます。
みなさま、是非とも劇場で二人の肉声に耳を傾けて下さい。

奈良岡朋子 コメント

岡本さんと会うと芝居の話が尽きません。どうしても舞台から離れられない二人のようです。11年ぶりの『ラヴ・レターズ』でどんな世界が描けるのか、2月7日が今から楽しみです。