2022年3月より上演となる、勝村政信×高杉真宙でおくる2人芝居『ライフ・イン・ザ・シアター』のティザービジュアルが公開となった。

現代アメリカ演劇界を代表する劇作家、デヴィッド・マメットが綴る2人芝居『ライフ・イン・ザ・シアター』は、「劇場」を舞台に、芝居に生きる俳優の悲喜こもごもを描いた作品。舞台上や楽屋裏、出番直前の舞台袖や衣裳部屋など、劇場の中の様々な場所で繰り広げられる、2人の俳優たちの会話や日常を切り抜き、90分で描くオムニバス風ヒューマンドラマで、時に切なく、時にクスッと笑える、月日の流れと共に変わりゆく「世代もキャリアも違う二人の俳優」の心情を描く。1977年、シカゴでの初演以降、ブロードウェイはじめ世界各地で上演され続け、数々の名優によって演じられてきたこの不朽の名作が、日本では16年ぶり3度目の上演となる。

演出を務めるのは、俳優で演出家の千葉哲也。演劇企画集団「THE・ガジラ」に旗揚げから参加し、演出家としては『いま、ここにある武器』、『青』(16年)で読売演劇大賞 優秀演出家賞を受賞するなど高い評価を得ている。年配で演技力のあるベテラン俳優であるロバートを演じるのは勝村政信、そして勝村演じるロバートを慕い、日々役者として様々なアドバイスを受ける若手俳優のジョンを演じるのは高杉真宙。

今作の上演に際し、勝村は「この作品は俳優の物語ですが、どんな人でも自身と重なる部分がある作品。この作品の「虚」の部分と「実」の部分、両方の視点で楽しんでいただきたい」と語っている。勝村は、その確かな演技力でコミカルな役からかシリアスな役まで演じ分け、必要不可欠な存在として活躍し続けている。そして高杉は、今作への出演に際し、「頼れるのは勝村さんと自分だけという状況の中、最大限の努力をして皆様にお届けしたい。二人舞台という濃い時間を、頭を空っぽにしてお楽しみいただけるように、自分自身も楽しみながら演じたい」と語る。

本作は、2022年3月3日(木)〜3月13日(日)東京・新国立劇場 小劇場にて開幕し、その後、大阪、広島、福岡、札幌、金沢を巡演する。公演チケットは、2022年1月4日(火)23:59まで、オフィシャルHP2次抽選先行受付中。詳細は公式サイトにて確認してほしい。

勝村政信 コメント

勝村政信

勝村政信

僕の大先輩である石橋蓮司さんが演じていらした役を演じるのは、とても緊張しますが、こんな機会は二度と訪れないと思うので、先輩の後をちょっとでも歩いていけたらと思っています。
この作品は俳優の物語ですが、観ていて楽しく、どんな人でも自身と重なる部分がある作品だと思います。若い方々の成長は、嬉しいことも悔しいこともあると思いますが、作品の「虚」の部分と「実」の部分、両方の視点で楽しんでいただきたいです。
この時代にたくさんの土地に行けることは幸せなことです。皆様にお会いできるのを楽しみにしています。

高杉真宙 コメント

高杉真宙

高杉真宙

勝村政信さんと二人でお芝居ができることにワクワクしています。
頼れるのは勝村さんと自分だけという状況の中、最大限の努力をして皆様にお届けしたいと思います。
二人舞台というこの濃い時間を、頭を空っぽにしてお楽しみいただけるように、自分自身も楽しみながら演じたいと思います。