ソロプロジェクトH-el-ical//として活躍するアーティスト、Hikaru//が新たな挑戦として、舞台演劇公演に初出演することが決定した。 

今回の企画は Creative Company Colorsと劇団GAIA_crewの二団体にHikaru//が出演するというもので、両団体時代設定も作風も違う2つの作品となるが、共通するものとしてHikaru//は各作品の物語の「引き金(ルビ:トリガー)」となる重要な役割を演じる。


Kalafinaのメンバーとして数々のステージを踏んできたHikaru//もストレートプレイの舞台演劇に出演するのは初となり、活動の幅を広げるとともに、自身の持つ表現力をどのように舞台の世界で見せるかに注目が集まる。

Hikaru//本人と、Creative Company Colors主宰である秤谷建一郎、劇団GAIA_crew代表の加東岳史からもコメントが到着した。

Hikaruコメント
今回、自身初となるストレートプレイに挑戦させていただきます。Hikaruとしての初舞台にもなるので、もちろん緊張はありますが、今回の企画が自身にとって新しいものを学び得られる大きな機会だと思っています。
歌い手としての表現が生きることもあるかもしれませんが全く違うアプローチの表現が必要になる中で、自分なりの表現方法を模索しながら全力で取り組み、精一杯で皆さんに届けたいと思っております。
異なる2つの物語でどんなふうに生きられるのか楽しみです!是非この挑戦を楽しみながら見届けていただけたら幸いです。

 

秤谷建一郎(Creative Company Colors主宰)コメント
TRIGGER=引き金、きっかけ、発端、などなど様々な解釈ができると思いますが、こういった要素が文字通り
「TRIGGER」となって、出会いや愛憎が生まれ、そしてそれぞれの人生も進行していくんだと改めて強く感じます。
私が音楽家でありながら、縁を紡ぎCreative Company Colorsという劇団を立ち上げ10回公演をむかえることも、
audioleafという音楽メディア代表から、SPICEを立ち上げ総合編集長を続けていることも、
アニメ好きが講じてアニソン作曲家になりつつ、Kalafinaが好きで、月っ子で、取材のご縁でHikaru//さんとお知り合いになり、Songful daysを発案したことも、
GAIA_crewの加藤くんと舞台で出会い、お互いの団体に役者として出演した縁から、SPICEにもアニメゲーム担当として誘い、公私共に仲間として関係が続いていることも、(実はもっと色々な奇跡が内外で起きているのですがw)
全ては、何かの「TRIGGER」が要所に存在し、迷わずその引き金を引き続けてきたことが、今の状況、そしてこの企画に帰結しているんだと感じています。そして全ての縁と、それぞれが決「断という名の引き金を」引きながら人生を歩み、この場所に立っていることに感謝します。
 
我々Creative Company Colors(長いのでC.C.Cと呼ばれてます)は、実に1年半前に計画をしていた
「アンビエントボーダー」という作品を上演します。
御多分にもれず、コロナ禍の影響を受け、比較的大きな規模の今回の劇場では初となる単独公演が、長い時を経て実現に至ります。(コラボ公演はコロナ前にさせていただきましたが)
 
奇しくもタイトルを直訳すると「環境の境界線」。本来は全然別の意味としてつけたタイトルですが、まさに
生活環境の境界線に立っている今、上演することも一つの縁と奇跡だと信じて、最高のエンタメをお届けします。
この作品はHikaru//さんありきで、脚本を書いています。色々な「きっかけ」をもらった彼女が、物語を動かす「発端」になります。
そもそもは私もHikaru//さんも「音楽」というフィールドで戦う人間として、Hikaru//さんが「舞台演劇」に向かって引く引き金には、愛と、最高の表現と、音と、情熱という弾を舞台という弾倉に込めて共に戦いたいと思っています。
撃ち抜くは一点。エンタメのど真ん中!
以上!
 

 

加東岳史(劇団GAIA_crew代表)コメント
自分とCCC代表秤谷君で立ち上げから運営しているエンタメ特化サイト「SPICE」。その取材のご縁でHikaru//さんとは知り合い、取材を重ねる中で、Hikaru//さんから舞台演劇に対して挑戦してみたいという話を聞くことができました。
折しも自分もGAIA_crew、秤谷君もCreative Company Colorsと劇団を主催している中で、我らの作品でHikaru//さんに舞台挑戦をしてもらえるという機会を頂きました。
頂いたご縁が繋がって新しい表現と挑戦になる。Hikaruさんの力を借りつつ、僕たちも伝えられるだけのものを全てHikaru//さんに伝えつつ、皆様に「面白かった」と言って貰える作品を作り上げようと思っています。
我がGAIA_crewが今回の企画に選んだ作品は、12年前に上演した第三回公演作品の完全リブート作となります。テーマは「思い出と友情」。三人の主人公にまつわる物語の引き金をHikaru//さんには引いて頂きます。
狙いは僕らで定めます。思い切り、勇気と情熱を持って、表現という名の銃弾を皆様へ。

第一弾公演となる劇団GAIA_crewの『Good Luck Your Memories:Re』は池袋シアターグリーン BOX in BOX THEATERにて4月29日〜5月5日の期間で公演(5月2日は休演日)。第二弾公演となるCreative Company Colorsの『アンビエントボーダー』は7月27日(水)〜31(日)の期間で、CBGKシブゲキ!!にて上演予定。チケット発売などの詳細は後日発表される。