2022年の元日にウィーン・フィルのニューイヤー・コンサートを指揮した現代屈指の巨匠、指揮者でピアニストのダニエル・バレンボイムが、今年11月15日に80歳を迎える。ドイツ・グラモフォンは、彼の芸術的業績を称え今年1年間にわたり様々なリリースを予定しているが、その第1弾として、『アンコール!』と題された珠玉のピアノ名曲を集めた小品集を2022年3月25日(金)に発売することが発表された。 

コロナ禍で多くのコンサートが中止となった2020年、バレンボイムはひたすらピアノに向かい、自身5度目となるベートーヴェンのピアノ・ソナタ全曲録音を完成させた。それと同時期に録音された本アルバムは、ショパン、シューベルト、シューマン、ドビュッシー、リスト、アルベニスといった多様なレパートリーから彼のお気に入りのアンコール曲を集めたものとなっている。

バレンボイムは、「同じ曲を何度演奏しても、同じものは2度とありません、常に変化し続けます、音楽それ自体がひとつの世界であることが、これらの録音からわかると思います。同じ曲を演奏するたびに新しいことを学べる、これは音楽家としての大きな特権です。そして、この経験を聴衆と共有できることは、さらなる特権なのです」とコメントしている。

なお、本アルバムからドビュッシーの名曲、「月の光」が先行配信されている。