1月15日(土)、上野大樹・小林柊矢・KEISUKEが東京・渋谷ストリームホールにて3マンライブを開催した。
最初に登場したのは、KEISUKE。切ないバラードに定評のあるKEISUKEだが、それだけではなく、心地よいミドルテンポの曲や会場が一体となって盛り上がる曲など幅広い楽曲でトップバッターらしく駆け抜けた。最後に「大切な人を思い浮かべなら聴いてください」と、自身にとって特別な曲だという「君想い」を歌い上げた。

KEISUKE

KEISUKE

続いて、11月にメジャーデビューした小林柊矢は、等身大のメッセージを真っ直ぐに歌う、堂々たるパフォーマンス。1月23日にリリースされる新曲「レンズ」を初披露すると、会場からは大きな手拍子が起こり、その後も客席とともにライブを作り上げていく。そしてこの季節にぴったりなデビュー曲「君のいない初めての冬」でしっとりと締めくくった。

小林柊矢

小林柊矢

小林柊矢

小林柊矢

トリを飾るのは、2021年TikTokヒットチャートにもランクインし、楽曲の持つメッセージや美しいメロディーが若い世代にも支持されている上野大樹。代表曲とも言える「て」「ラブソング」や、12月にリリースしたアルバムから「波に木」など、上野大樹の世界観を存分に味わうことのできるセットリストで終始観客を魅了した。

上野大樹

上野大樹

上野大樹

上野大樹

本公演は、1月21日(金)までイープラスStreaming+でアーカイブを視聴することが可能だ。