2021年8月に惜しまれつつ宝塚歌劇団を退団した月組トップスター珠城りょう。彼女が今春初の単独コンサート『CUORE』を開催する。

今回のコンサートの構成・演出・振付は川崎悦子が担当。また、共演者として上口耕平、風馬翔、中西彩加、砂塚健斗、廣瀬真平、田口恵那、植竹奈津美が名を連ねた。また、大阪公演では元宝塚歌劇団雪組男役スター彩凪翔が、東京公演では元宝塚歌劇団星組男役スター愛月ひかるがスペシャルゲストとして登場する。

2月某日、珠城にコンサートへの意気込みをうかがった。

『CUORE』ビジュアル

『CUORE』ビジュアル

──まずは初のコンサートへの意気込みをお願いします。

今回、はじめてのコンサートなんです。なので、自分がコンサートをやるということがピンときていなくて。今でもまだ不思議な気持ちなんですけど(笑)、演出の川崎(悦子)先生と素晴らしいキャストのみなさんとご一緒します。打ち合わせ段階でも新しいことに挑戦できるだろうと感じています。新しい珠城りょうをみてほしいですし、来てくださったみなさまと同じ空間を楽しめたらいいなと思っています。

──今までのミュージカルやレビューなどと、コンサートはどのような点が「違うなぁ」と感じられますか?

そうですね。やっぱり、ダンスと歌だけで繋いでいくコンサートに対して、ミュージカルやレビューでは演劇的な要素が入るので、まったく違うものだなぁと感じています。このご時世もあってお客さまも発声はできないけれど、一緒に盛り上がっていただけたらいいなと思っています。

──『CUORE』をタイトルに選ばれた理由は?

何故か私、昔からイタリア語の響きが好きで、在団中のバウライブ『Eternità』もイタリア語にしたんです。だから、ファーストコンサートも関連したものにしたいなと思って、イタリア語にしようと考えました。『CUORE』は「心」という意味なんですけど、お芝居するにしても、ダンスにしても心が大事。何かを表現する時は心を一番大事にしてきました。それは勿論人と接する時もです。なので、みなさんとのコンサートを通して心も感じてほしくて、タイトルを決めました。

珠城りょう

珠城りょう

──今回のコンサートの演出は、珠城さんが尊敬していらっしゃる川崎悦子先生ですね。

私から川崎先生を演出にとお願いしました。実は、劇団☆新感線が大好きで川崎先生の作品を拝見していました。宝塚歌劇団でも振り付けをしていらっしゃったのですが、私はご縁がなくて、お仕事することができなかったんです。退団後はじめてのことに挑戦するということもありましたし、主催の梅田芸術劇場さんも聞いてくださったので、川崎先生にお願いしたいとご相談しました。

──そのほかも珠城さんからご提案したことなどはありますか?

ゲストの方(彩凪・愛月)は提案させていただきました。その時、梅田芸術劇場さんから「同期の方とご一緒しなくてもいいんですか?」とお話しいただいたんです。なので、在団中からも縁が深かった風馬翔にオファーさせてただきました。その他のことに関しては、選曲なども含めて川崎先生と決めている段階です。

──ダンサブルなコンサートになりそうだとのことですが、振付家として有名な川崎先生とお話しされて決めた形ですか?

私はシンガーではないので、歌を聴かせるコンサートというよりは、何かこう、歌にしても踊りにしてもメッセージ性があるものがいいんじゃないかと思っていました。(川崎)悦子先生からも「すごくダイナミックにみえる。舞台を見てもそうだし、日常でも身長や体格などから持っているダイナミックな雰囲気を生かしたいから、そういうコンサートにしつつ、そこにストーリー性が入ってもいいんじゃないか」とおっしゃっていただいたので、この様なコンサートになりました。

──具体的な曲など、何か決まっているものがあれば……

在団中にOfficial髭男dismのナンバーをカヴァーした「♪Amazing」を出させていただいたんです。今まで、映像と楽曲しか披露していなかったので、コンサートで初生パフォーマンスすることになっています。それから、曲名は明かせないんですが、宝塚の楽曲もいくつか歌うことになっています。ただ、自分が関わった演目の楽曲はさよならショーなどで歌わせていただいたので、そうではない曲を考えています。たとえば、下級生時代にファンの方から「珠城さんのこういう役が見たい」と言われた作品などの中からチョイスして歌わせていただければと思いました。

珠城りょう

珠城りょう

──東京公演は愛月ひかるさん、大阪公演は彩凪翔さんがスペシャルゲストとして登場されます。

どういう接点? ってみなさん不思議に思われたと思うんですが、生徒同士って組が違っても交流があるんですね。愛月さんは特に1期上で、お話しすることも多かったですし、下級生時代から学年が上がるにつれて、新人公演で大きな役をいただいたりとか、私は意識していました。愛月さんとは、食事などで男役で熱く語りあうこともありました。

彩凪さんも、急激にぐいっと距離が近づいたというきっかけは思い出せないんですけど……(笑)気づけば沢山お話しするようになっていて。常にプライドを持って舞台に立っているおふたりで、とても尊敬していたんです。お互いに廊下であった時や、タカラヅカスペシャルでご一緒した時、「いつかお芝居できるといいよね」とお話はしていたんです。でも、最終的には退団前のタカラヅカスペシャルでもご一緒できなかったんです。組を越えてコラボする機会としても、楽しみにしています。

それから、実は私がはじめての宝塚グラフの表紙に載った時もご一緒していました。

──コンサートに向けて何かはじめられましたか?

稽古ははじまっていないんですけれど、個人的にボイストレーニングには通い始めました。コンサートで何に挑戦できるかなとか、様々なキーとか挑戦しています。

正直、宝塚にいたときよりは運動量が激減していると感じています。体型を維持するために何ができるか考えて、生活リズムを整えている最中です。食事、トレーニング、シフトしながら生活しています。在団中は男役としてリフトしていたり筋肉をつかっていたけれど、女優として舞台に立つと、使っていた筋肉もかわるのでは? と思っているので、ジムでのトレーニングを考えています。

──これからの『珠城りょう』はどんな姿を目指していきたいですか? 今も『男役』としての癖などは出ますか?

今までは「男役・珠城りょう」を意識して訓練して構築してきましたが、今はそれがないので「男役」の癖は全くでません(笑)。コンサートは新しい形ではじめていきますが、お衣装の方もパンツスタイルをメインに考えているところです。これからの姿というものも、いただくお仕事がどういった形になるのか分からないので、自分で決めずにご縁のあるお仕事をやっていって、自分のカラーをみつけていけたらと事務所とも話しています。今はまだ模索している途中です。

『CUORE』ビジュアル

『CUORE』ビジュアル

──ストレートプレイにも挑戦されますか?

自分が「やってみたいから」と言ってできるものではないと思いますけど……(笑)、ありがたいことに宝塚大劇場という大きな舞台で仕事をしていたので、とても恵まれていたと思っています。ですが、劇場の大きさは関係なく、ほかの人の人生を生きられるということに芝居の魅力を感じています。ストレートプレイもそうですし、幅広い年齢層を演じてみたいです。いい人間だけではなく、どうしようもない人間でもいい。芝居の魅力ですよね。

実は、ストレートプレイの舞台も決まっています。「8人の女たち」で初の女優としてのパフォーマンスをさせていただくことになりました。女優として演じるのは「8人の女たち」がはじめてですし、錚々たる方々とのお仕事なので、楽しみにしています。

──男性役のオファーがあったらどうされますか?

そうですね、もし男性役のオファーがあったとしても、宝塚の男役というものは計算し尽くされた宝塚でしかないものなんですよ。なので、「男役」ではなく「男性を演じる」という感覚になると思います。宝塚歌劇団の男役は特別なもので、そこでしか成立しないものだと思っています。

宝塚歌劇団を退団し、今後の活躍を期待される珠城。コンサートや今後の活動についても、笑顔を交えながら真摯に答えてくれた。初のコンサートでのパフォーマンスが今から、とても期待されるインタビューとなった。

初の単独コンサート『CUORE』は、大阪公演は4月30日(土)〜5月3日(火・祝)梅田芸術劇場シアター・ドラマシティにて、東京公演は5月13日(金)〜5月15日(日)東京国際フォーラム ホールCにて予定されている。

ヘアメイク=河上智美
スタイリスト=久保コウヘイ
取材・文=森きいこ