2022年10月8日(土)・9日(日)神奈川県民ホール 大ホールにて、神奈川県民ホール開館50周年記念オペラシリーズ Vol.1 フィリップ・グラス/ロバート・ウィルソン『浜辺のアインシュタイン』が上演される。この度、松雪泰子と田中要次が出演することが決定した。

1975年の開館した神奈川県民ホール。これまで多彩なオペラ上演を続けてきたが、この度、日本を代表する作曲家・ピアニストである一柳慧芸術総監督のもと、2025年の開館50周年を記念して、そこに至るまでの3年間、毎年様々なテーマで革新的な舞台芸術を創造発信する「開館50周年記念オペラシリーズ」を開始する。そして、第1弾となる2022年の公演では、音楽+舞踊をテーマに、オペラ『浜辺のアインシュタイン』を新制作する。

『浜辺のアインシュタイン』はミニマル・ミュージックの大家として現在も精力的な活動を続ける作曲家フィリップ・グラスが、当時気鋭の演出家であったロバート・ウィルソンと共同で創作した現代オペラの金字塔。1976年にフランスでセンセーショナルな初演を果たし、1992年にはアートスフィア(当時)での日本初演も行われた。

平原慎太郎   (C)Hajime Kato

平原慎太郎   (C)Hajime Kato

今回の上演では、東京オリンピック2020大会の開会式・閉会式で振付ディレクターを務めた振付家・ダンサーの平原慎太郎を演出・振付に迎え、舞踊と音楽が拮抗する総合舞台芸術の創造を目指す。

キハラ良尚   (C)K.Miura

キハラ良尚   (C)K.Miura

指揮は、小澤征爾に見いだされた気鋭の指揮者・キハラ良尚。出演は、映像、舞台などで多彩に活躍する松雪泰子と田中要次、Kバレエカンパニー名誉プリンシパルの中村祥子、2016年に18歳でモントリオール国際音楽コンクール第1位を受賞した逸材・辻彩奈(ヴァイオリン)、そして精鋭ダンサー24名。演奏・合唱は、ソロ、オーケストラ、室内楽など多方面で活躍する音楽家と東京混声合唱団が務める。

松雪泰子

松雪泰子

田中要次

田中要次

中村祥子   (C)Masatoshi Yamashiro

中村祥子   (C)Masatoshi Yamashiro

辻彩奈   (C)Makoto Kamiya

辻彩奈   (C)Makoto Kamiya

日本初演から実に30年ぶりとなる上演に、期待しよう。