2022年6月17日(金)〜7月3日(日)KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオにて、甲本雅裕・浜中文一による二人芝居、舞台『テーバスランド』。この度、メインビジュアルが解禁となった。

物語は、劇作家S(甲本雅裕)が、父親殺しの物語である演劇作品「テーバスランド」を企画・制作した経緯を、観客に回想しながら語るところから始まる。現代のオイディプスを求めていた劇作家Sは父親殺しの罪で終身刑に処されていたマルティン(浜中文一)と出会うが、犯罪者を舞台には上げられず、彼と背格好のそっくりな俳優フェデリコ(浜中文一/2役)と作品を創り上げることに。劇作家Sとマルティンの交流、そしてフェデリコとの稽古、それら濃密な時間を過ごすうち、いつしか現実と虚構が交錯していく――。

ウルグアイ・モンテビデオで初演されて以降、ラテンアメリカ、ヨーロッパ諸国、インドでも上演され、世界中の観客の心を鷲掴みにしてきた本作。スペイン語圏で、最も注目を集める劇作家の一人、と言われるセルヒオ・ブランコによる作で、2016年には「オフ・ウエスト・エンド・シアター・アワード」で最優秀製作賞を受賞。今回、日本初演となり、演出は大澤 遊が手がける。

劇作家Sを演じるのは甲本雅裕。そして、受刑者マルティンと俳優フェデリコの演じ分けという挑戦に挑むのは、浜中文一。

たった二人で創り上げてゆく、濃密な世界。現実と虚構の交錯、そして絶望の先に見える、一筋の光。私ではない誰かと出会う、出会いの物語。どんな公演になるのか期待が高まる。