【THE MUSICAL LOVERS】ミュージカル『アニー』第45回
丸美屋食品ミュージカル『アニー』2022 初日直前会見レポート〜今年こそは全公演完走を! 
2022年の丸美屋食品ミュージカル『アニー』(主催・製作:日本テレビ放送網/協賛:丸美屋食品工業)が、4月23日(土)から東京・新国立劇場 中劇場にて開幕する。4月22日(金)には同劇場内で初日前会見が行われ、アニー役Wキャストの2人(チーム・バケツ/山崎杏、チーム・モップ/山本花帆)、および葛山信吾(ウォーバックス役/※葛山の葛、正しくは下部が「ヒ」)、マルシア(ハニガン役)、笠松はる(グレース役)、財木琢磨(ルースター役)、島ゆいか(リリー役)の7名が登壇した。

日本テレビ主催によるミュージカル『アニー』は1986年から上演がスタートし、2022年に37年目を迎える。『アニー』の舞台は、世界大恐慌直後の1933年、真冬のニューヨーク。誰もが希望を失う中、本当の両親が迎えに来る「明日」を信じて生きる孤児・アニー。そんなアニーをとりまく個性あふれる孤児たち、アニーによって変わってゆく大人たちが繰り広げるストーリー展開と、「Tomorrow」をはじめとする名曲の数々が、これまでのべ183万人もの観客に感動を与え続けてきた。総上演回数は1,900回にのぼる。

2022年は「アニー生誕100年」の年(物語の中で、アニーの出生証明書に「誕生日は1922年10月28日」と記されていることに基づく)と言われているが、ブロードウェイのアルヴィン劇場で『アニー』のオープンしたのが1977年4月21日。よってミュージカルとしては誕生45周年を数える。さらに本年は、丸美屋食品工業の協賛が20周年を迎える年でもある。そんな記念すべき“アニー・アニバーサリー・イヤー”の初日を翌日に控えたキャストたちが、心境、見どころを会見で語った。


 

ーー初日を翌日に控えた心境は?

山崎杏(チーム・バケツ アニー役) 今日のゲネプロ(総通し稽古)の前はとても緊張していましたが、舞台に立ったらすごく楽しくできました。体調管理をしっかりして、明日の初日に備えます。

山崎杏

山崎杏

山本花帆(チーム・モップ アニー役) 稽古でいろいろ頑張ってきたことを出し切りたいです。

山本花帆

山本花帆

葛山信吾(大富豪ウォーバックス役/※葛山の葛、正しくは下部が「ヒ」) 久しぶりのミュージカルで、ダンス・歌のパートは(稽古時に)迷惑をかけたかもしれないが、アニー2人、共演者、スタッフの皆様と楽しく最後までやり抜きたいです。

葛山信吾(※葛山の葛、正しくは下部が「ヒ」)

葛山信吾(※葛山の葛、正しくは下部が「ヒ」)

マルシア(孤児院の院長ハニガン役) ドキドキとワクワクが重なり合っています。ここ2年間、複雑な思いで『アニー』をやってきました(※2020年は全公演中止、2021年4月の東京・新国立劇場での公演は、初日の4月24日(土)たった一日しか上演できぬまま公演中止。予定されていた仙台公演は地震被害の影響により中止、松本公演も感染症の影響で中止となってしまった)。今回は最後まで行けるよう走りたい。

マルシア

マルシア

笠松はる(ウォーバックスの秘書グレース役) 正直、やっとここまで来られた(※笠松も2021年『アニー』でグレース役となり、マルシア同様に数多くの公演中止を経験した)。日々の感染症対策と、PCR検査のたびにドキドキしてきました。今日を迎えられたことに感謝し、最後まで皆で元気に走り抜けたいです。

笠松はる

笠松はる

財木琢磨(ハニガンの弟ルースター役) 『アニー』に出演できること、無事に開幕できることが改めて幸せです。この作品がなぜこんなに愛され、上演を重ねているのかは、観たらわかります。毎公演、『アニー』の素晴らしさが届くよう、真心をこめて楽しんで演じたい。

財木琢磨

財木琢磨

島ゆいか(ルースターと組んでアニーたちをだますリリー役) 稽古、舞台稽古、ゲネプロで、子どもたちの「『アニー』に出たかった、『アニー』を愛している」という気持ちが溢れているのを目の当たりにした。皆、キラキラしている。公演ができる喜びを噛み締め、リリー役を頑張りたい。

島ゆいか

島ゆいか

 

ーー主演のアニー2人に訊きます。アニーに似ているところは?

山崎 すべてポジティブに考える点、すごく元気で明るいところ、負けずギライなところが似ています。

山本 ポジティブで、イヤなことからすぐ立ち直ることができる性格が似ています。

ーー大人キャストの皆さんは、アニーと同じ11歳だった頃、どんな子どもでしたか。

葛山 11歳、小4の頃は1人で学校から帰るような、暗い大人しい子でした。

マルシア 11歳の頃はブラジルにいました。日本の歌が大好きで、趣味で歌っていました。職業は建築士を目指していました。

笠松 ちょうど劇団四季『CATS』を観て、ミュージカルに出る側の人になりたいと思いました。でも初舞台は25歳でした。私がミュージカルをやりたいと思った年齢で主役を演じるアニー2人はすごいです。

財木 ドッジボールが大好きで、たて投げ・よこ投げを使い分け、ケガをしても包帯が真っ黒になるまで遊んでいました。

島 熊本出身で、自然の中で楽しく自由に生きておりました。以上です(笑)。


 

ーー稽古で苦労したことは?

山崎 アニーは心の動きが多く、思っていても表面に出ない部分を、表に出る表現になるように改善しました。

山本 アニーは主役なので、歌・ダンス・演技でやることがたくさんあり、全てをこなして覚えるのが大変でした。

葛山 昨日今日、舞台に入り、マスクを初めて外しました。すると皆の表情が見えて、新しい感覚を覚えました。日々そこを楽しみに芝居を育てていきたいです。

マルシア 稽古場はずっとマスクで、相手の目しか見えません。その中でセリフ・芝居・歌をやって、マスクを取ると背筋や肺活量が鍛えられていたことがわかり、今、(迫力が)ヤバいです(笑)。

笠松 マスクが苦しいのはもちろんですが、同時に、稽古場での人数が少なく制限されているので、各チームごと2回に分けての稽古で、同じことを説明するスタッフさんの苦労がすごかったと思います。

財木 苦労したことが思いつきません。皆、ニコニコ芝居するし、とにかく幸せで楽しかったです(隣でマルシア「良かった〜」)。

島 苦労というより、鍛えられました。マスクをすることで、エネルギーを2倍使わないと気持ちが相手に届かない。昨日今日の舞台稽古で、2倍の状態からの変化が楽しみです。
 

ーー皆さんがかなえたい夢は?

山崎 遠い将来は俳優になって、いろんな舞台や作品に出たいです。

山本 私も女優になるのが夢。舞台・映画・ドラマ、いろんなジャンルに挑戦したい。

葛山 自然豊かなところでのんびり過ごせるよう、頑張ります(笑)。

マルシア 30年以上この世界でやってきて、これからも夢を与えられるような仕事をしたいです。そのために体力と健康管理に気をつけ、夢を追いかけていきたい。

笠松 ずっと犬を飼いたいと思い続けているので、日々サンディを見て、遠巻きに癒されています。

財木 この『アニー』という作品が続くなら、またルースター役で出たいし、葛山さんみたいに渋カッコいい役者になってウォーバックス役をやってみたいです。

島 『アニー』に出たいという夢がかなったので、その持続と、これからも女優でい続けられるよう頑張ります。
 

ーー新生活で始めたことは?

山崎 始めたこと……体力作り(笑)。

山本 オーディションに受かってから、サンディやモリーを抱っこする体力をつけるために、腹筋100回始めました!

するとマルシアが山本に「ホント? ここでやってみて」と促すと、「イヤです〜(笑)」とケラケラ笑ってかわす山本。アニー2人の「観に来てください!」という可愛らしいメッセージで、初日前会見は和やかに終了した。

2022年の丸美屋食品ミュージカル『アニー』は、4月23日(土)〜5月8日(日)、東京・新国立劇場 中劇場で26ステージ上演される予定だ。夏には宮城・大阪・金沢・名古屋公演も予定されている。新型コロナウイルス感染症対応のため、内容を凝縮し、クオリティと感染症対策を両立させた約90分(休憩なし)の特別バージョンで上演される予定だ。なお、昨年は録音演奏にて上演されたが、今年は生オーケストラの演奏が復活する。演出は山田和也、音楽監督は小澤時史、振付・ステージングは広崎うらんが担当する。

昨年(2021年)の『アニー』は新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言の発令により、4月の東京・新国立劇場での公演は、初日の4月24日(土)たった一日しか上演できぬまま公演中止を余儀なくされた。Wキャストの子役たちはそれぞれ一度きりのステージとなってしまった。しかし夏のツアーには、特別にシアターオーブでの東京公演も組み込まれ、作品のファンを喜ばせた。そして2022年の今回は全公演、無事に上演されることを祈るばかりだ。


取材・文=ヨコウチ会長  写真=安藤光夫(SPICE編集部)