ミュージカル『ファインディング・ネバーランド』が、2023年5月より上演されることが決定した。

ミュージカル『ファインディング・ネバーランド』は、 ジョニー・デップ主演で2004年(日本では2005年)に公開された同タイトルの映画(邦題「ネバーランド」)をミュージカル化した作品。物語の主人公は、名作『ピーターパン』の作者である劇作家J・M・バリ。スランプから抜け出せないバリが、ある家族に出会い、子供たちとの出逢いを通じて物語を書き上げ、劇場で『ピーターパン』を上演するまでを、実話に基づいて描いている。

映画はアカデミー賞7部門にノミネート・作曲賞を受賞、ミュージカル版は2015年にブロードウェイで開幕。2017年には東急シアターオーブにてツアー版招聘公演が上演された。音楽は、テイク・ザットのゲイリー・バーロウと、グラミー賞受賞作曲家でシンガー・ソングライターのエリオット・ケネディが手がけている。今回は、日本人演出家による新演出バージョンで上演。ダイアン・パウルス氏による演出版以外の新バージョンで上演されるのは、初めてとのこと。

主演を務めるのは、山崎育三郎。山崎の新作ミュージカル出演は、『プリシラ』以来7年ぶりとなる。演出は、第25回読売演劇大賞優秀演出家賞を受賞し、ミュージカル『ロボット・イン・ザ・ガーデン』『ローズのジレンマ』『COLOR』などを手掛けた小山ゆうな氏が担当する。

小山ゆうな氏

小山ゆうな氏

山崎と小山氏のコメントは以下のとおり。

 

山崎育三郎

僕にとって7年ぶりの新作ミュージカルへの出演になります。

こんな素敵な作品をずっと待っていました。

ブロードウェイ版『ファインディング・ネバーランド』を観させていただきましたが、演出、脚本、振付、音楽、全てに引き込まれ、気が付けば作品の虜になっていました。久しぶりにミュージカル作品を観て涙が溢れ、心を打たれて、自分にとって大切な人を改めて考えさせられました。そんな魅力的な作品に出演させていただけることを心から光栄に思います。主人公である劇作家のバリは、自分の感性を信じ、芸術家として作品に誠実に挑んでいます。想像力や好奇心を大事に突き進むバリに、とても魅力を感じています。この作品のテーマでもある「想像力」は、人生を豊かにするためのヒントが隠されていると思います。ピーターパンの誕生物語を描いた作品ですが、子供達には勿論、元子供だった皆さんにこそ観ていただきたいミュージカルです。

新演出版では日本初演となりますので、新しいカンパニーの皆さんと稽古場で一つ一つ丁寧に作り上げていき、長く愛される作品にしたいです。

どんな方にも寄り添い、忘れかけていた大切なものをお届けします。

劇場でお待ちしています。

 

小山ゆうな(演出)

『ファインディング・ネバーランド』は、 今も毎年、 話題作を送りだしている劇作家ジェームズ・グラハムの台本に、 ゲイリー・バーロウとエリオット・ケネディによる作曲・作詞という、 豪華なチームが生み出した作品です。

2017年来日公演時の盛り上がりも記憶に新しく、 演出的にも最高の形で完成されていたであろうこの作品を、 今、 ここで、 上演するにあたって、 どのような形で山崎育三郎さんをはじめとする新しいキャスト・クリエイターのメンバーと創作していけるかじっくり考えて準備していきたいです。

本作は、 映画「ネバーランド」から着想を得てミュージカル化された作品ですが、 この映画の原作となった戯曲『The Man Who Was Peter Pan』は、 以前に翻訳した『Little Women―若草物語―』の脚本家でもあるアラン・ニーが書きました。 彼の作品には温かさ、 力強さ、 美しさ、 遊び心が溢れています。

この全ての作家達・作曲家・作詞家の研ぎ澄まされたセンスとユーモアと素晴らしい言葉と音楽を大切に楽しんで頂ける素敵な作品を作れるようベストを尽くせればと思っております。

 

ミュージカル『ファインディング・ネバーランド』東京公演は2023年5月上演。 その後ツアー公演を予定。