2022年7月16日(土)〜7月18日(月・祝)東急シアターオーブにて、『ミュージカル・ガラ・コンサート 〜10th Anniversary〜』の開催が決定した。

7月18日(月・祝)、東急シアターオーブは開業10周年を迎える。2012年の開業以来、渋谷に居ながらにして世界標準の作品が楽しめるミュージカル専用劇場として本場の劇場体験を届けてきた。
今夏10回目の誕生日を迎えるにあたり、世界を代表するミュージカルスターたちと共に、アニバーサリーに相応しい豪華なガラ・コンサートを開催。また、ブロードウェイで演出を手掛けた作品が高く評価されている俳優のマイケル・アーデンが演出家として参加し、10年の歴史と世界のミュージカル界の“今”が重なる特別な公演を上演する。

そしてブロードウェイより豪華キャスト2名の来日が決定した。

『レ・ミゼラブル 25周年記念コンサート』ジャベール役、『オペラ座の怪人』ブロードウェイ公演史上初のアフリカ系アメリカ人によるファントム役として話題となり、『ポーギーとベス』ポーギー役ではトニー賞ミュージカル主演男優賞にノミネートされたミュージカル界を代表するトップスター、ノーム・ルイス。

そして、ディズニー・ミュージカル『アナと雪の女王』ブロードウェイ公演で初代エルサ役として世界の注目を浴びたケイシー・リーヴィが待望の初来日を果たす。

ノーム・ルイス(Norm Lewis)

ノーム・ルイス

ノーム・ルイス

アメリカ出身。『オペラ座の怪人』でアフリカ系アメリカ人としてブロードウェイで初めてファントム役を演じ、世界的に話題を呼んだミュージカル界を代表する実力派俳優。2012年『ポーギーとベス』ポーギー役にてトニー賞主演男優賞にノミネート。『レ・ミゼラブル25周年記念コンサート』ジャベール役のほか、2018年米国NBCで放送された『ジーザス・クライスト=スーパースター・ライヴ・イン・コンサート』ではカヤパ役を好演。ミュージカル・舞台だけでなくアメリカのテレビドラマ『スキャンダル託された秘密』(ABC)、『POSE/ポーズ』(FX)、『ロー&オーダー』(NBC)や映画『セックス・アンド・ザ・シティ2』、『ザ・ファイブ・ブラッズ』などに出演。

ケイシー・リーヴィ(Caissie Levy)

ケイシー・リーヴィ

ケイシー・リーヴィ

カナダ出身。ディズニー・ミュージカル『アナと雪の女王』ブロードウェイ公演の初代エルサ役として世界の注目を浴びる。同公演は2018年トニー賞ミュージカル作品賞にノミネート。コロナ禍にニューヨークで開幕した60年代の米国南部を舞台に貧困や差別を描く『キャロライン・オア・チェンジ』では、混合家族の母親役を好演。過去出演作品に『レ・ミゼラブル』(ブロードウェイ公演)ファンティーヌ役、『ゴースト』(ブロードウェイ公演・ウエストエンド公演)モリ―役、『ヘアスプレー』(ブロードウェイ公演)ペニー役など。今回、待望の初来日。

演出:マイケル・アーデン(Michael Arden)

アメリカ出身。俳優としての経験を活かし、多様性を重視した新しい解釈やキャスティングとシアトリカルな演出が、ブロードウェイの未来を担う演出家として高い評価を得ている。演出を手掛けた2016年『春のめざめ』リバイバル版と2018年『アイランド』リバイバル版は両作ともにトニー賞ミュージカル演出賞にノミネート。『アイランド』はトニー賞リバイバルミュージカル作品賞受賞。ミュージカル俳優としての過去出演作品に『ノートルダムの鐘』カジモド役のほか、『ビッグ・リバー』、『ピピン』、『アスペクツ・オブ・ラブ』、『シークレット・ガーデン』など。