2022年6月10日(金)〜6月20日(月)草月ホールにて上演される舞台『晴れときどき、わかば荘 あらあら』。原作は羽生山へび子の同名BLコミック。女装したママが管理するアパート・わかば荘を舞台に、3組の男性カップルによる純愛群像劇が描かれる。千葉晃太役・小林竜之と一条誠役・佐藤祐吾の対談ではストーリーにちなみ、スランプとの向き合い方や高校時代のエピソードを聞かせてもらった。

ーー原作や台本を読まれた感想をお聞かせください。

小林:原作を中心としつつ、キャラクター同士の関係性がより詳しく描かれている印象でした。原作ファンの方にも驚いてもらえるシーンがたくさんあると思います。お話としては一本の物語として構成されているので、いろんなキャラクターに感情移入できますし、生活している全員と時間を共有している気分になりました。

佐藤:原作は部屋の住人それぞれが独立したストーリーとして描かれていますが、舞台では一本の物語になっています。誠はわかば荘の住人ではないんですが意外なところで登場したり、大輔以外とも絡むシーンがあったり。キャラクターごとに喜怒哀楽の場面が一致していて、すごく没入しやすかったです。

ーー小林さん演じる晃太は、同級生の男の子に恋をしたヤンキー高校生という役どころですね。

小林:晃太は元気いっぱいでピュアな、まっすぐな男の子。迷いや葛藤も素直に「わかんないから教えて」って口に出せる、昨今ではなかなか見ない純粋な子です。まっすぐで一生懸命なところが素敵で、僕自身とはまったく似ていないかも(笑)。晃太を演じることで自分もエネルギッシュになれるんじゃないかな。僕にとっても背中を押してもらえそうなキャラクターなので、純粋に楽しんで演じたいです。

(左から)佐藤祐吾、小林竜之

(左から)佐藤祐吾、小林竜之

ーー佐藤さん演じる誠は、現役のトップジョッキー。元トップジョッキーの先輩である幕之内大輔を訪ねてわかば荘にやってきます。

佐藤:性格としてはおとなしい印象ではありますが、自分のやるべきことがちゃんとわかっていて行動に移せるタイプ。「大輔さんにこうなってほしい」って願いながらもわがままを言うわけでも、声を荒げるわけでもない。演じる上では難しそうだとは感じましたが、誠自身がどういう性格かというよりも、大輔さんとの関係性を第一に見せたいと思っています。(大輔役の)田中尚輝君と一緒にしっかりと関係性を作っていけたらいいお芝居になるのではないでしょうか。ちょうど別の作品でも共演していて、僕は結構顔見知りが多い座組なんですが、どなたか共演してる方いますか?

小林:僕は小田島翔役の(吉田)知央君が唯一。年末に共演した舞台で楽屋が隣だったんですよ。

佐藤:おっ、今度は相方ですね。

小林:そうなんです。今回のお話が決まった時は「こんなに早く共演できるとはね!」って連絡をくれました。相方が顔見知りでやりやすい反面、ちょっと照れてしまうというか……。

佐藤:そう! 相方がずっと一緒にやってる人だとちょっと恥ずかしいですけど、それはそれで関係性に活かせますよね。コロナ禍で話せる機会が制限されてしまうなか、最初から素で話せるっていうのは武器になりますし。

小林:意思疎通や情報交換がスムーズにできるのは強みですよね。

ーー本作では、わかば荘の住民たちによるそれぞれの人間模様が描かれていきます。ストーリー面ではどんな印象を受けましたか?

小林:晃太に関しては純粋な気持ちが前面に出ていて。「好きってなんだろう?」という葛藤をはじめ、高校生らしい等身大の恋愛が表現されているなと思いました。この作品は登場人物の年齢層が広いのですが、形は違えど人を想う気持ちは一緒なんだなって。晃太や翔の10代らしい青春と、大人たちの青春が繊細に描かれていてドキドキしました。

佐藤:わかば荘の人たちって何かしら抱え込んでますけど、誠は唯一まともそうな雰囲気はあります。誠と(幕之内)大輔は、リスペクトから始まる恋。大輔の能力や人間性に惚れ込むところから始まっているんです。僕自身、学生時代に部活で「先輩かっけー!」って憧れることもあったし、個人的には一番共感できます。

小林:晃太たちの恋愛模様とはちょっと雰囲気が変わって、誠さんと大輔さんは切ないんですよね。自分が好きだった人がどんどん落ちぶれていく姿って、きっと見たくないと思う。

佐藤:僕も自分だったら「なんでこんな人好きになっちゃったんだろう」って諦めちゃうと思います。それでも大輔のところへ通えるのが誠のすごいところだし、二人の関係値が深いからこそなんですよね。落ちぶれている現状は、きっと先輩自身も嫌なはずだってわかっているから。「あと一歩頑張るぞ」って気持ちになり切れないところを、二人で一緒に歩いていく姿が素敵です。

(左から)佐藤祐吾、小林竜之

(左から)佐藤祐吾、小林竜之

ーーちなみに、お二人の場合はどのようにスランプを抜け出して来られたのでしょうか。

小林:あー、それ聞きたいです!

佐藤:(笑)。僕は結構考えこんじゃうタイプなんです。だからこそ、スランプになったらどうしたらいいかっていうのは結構勉強しています。心理学の勉強をしたり、カウンセラーの資格を取ったり。

小林:すごい!

佐藤:とりあえず行動すれば気が紛れるんだと思います。ダメなことをやり続けてもとことんダメだから、いったん息抜きしてから戻ったほうがまた跳ねられる。解決策を見つけようと思っていること自体が気分転換になっているのかもしれないです。

小林:僕も一人で悩むことが多くて。今度何かあったときは、カウンセリングしてほしい……。

佐藤:もちろん。話聞きますよ!

小林:お願いします(笑)。僕も自分を責めるタイプなんですけど、きっと完璧にできない自分を許せていないんですよね。最近は、テレビ番組でプロ野球選手の方が話していた「自分が完璧にできると思っているときに限って絶対に失敗する」「自分はまだまだ初心者だって臨んだほうがストレスを感じなくなった」という言葉を思い出すようにしています。

ーー小林さんが高校生役を演じられるということで、お二人は実際にどんな高校生だったか教えてください。

小林:何年前だろう(笑)。えーっと、今33歳だから……。

佐藤:えっ!? 33歳なんですか!? 本当に33歳なんですか!?

小林:あはははは! そんなに驚く(笑)?

佐藤:びっくりした! 22歳くらいだと思ってました!

小林:全然気にしないで。年齢関係なくみんなから「こばたつ」って呼ばれたいって思ってるから! ちなみに今おいくつですか?

佐藤:僕は27歳なので、ちょうど10年位前ですね。医療系の学校だったので女子が多くて、肩身狭かったんです(笑)。クラスメイトとLINE交換することもなかったですし。

小林:そっか、高校時代にLINEがあったんだね……。

(左から)佐藤祐吾、小林竜之

(左から)佐藤祐吾、小林竜之

佐藤:ありましたね(笑)。学校行事とかはみんなで話し合いするけど、結果的に人数の多い女子の意見に従う形に。文化祭は数少ない男子チームが必死にタピオカを作ってました。

小林:今、一瞬心に秘めたんだけど……文化祭にタピオカがあったんだね(笑)。

佐藤:タピオカもありました(笑)。学校生活というよりは、部活が一番の青春でした。アメフト部だったんですけど、みんな高校から始めるので同じスタートラインから一緒に頑張れました。男友達と唯一たくさん話せる場だったので楽しかったです。部活、やってました?

小林:テニス部でした! 部活も頑張ってましたし、その頃から歌手になりたいって夢があって。みんなが受験勉強するなか「自分は芸能の道に進むから受験勉強なんかしない!」ってなぜか強気でした。結局、ギリギリのタイミングで進路変更して大学を受けたんですけど(笑)。今思うと、高校生活はドタバタしてました。軽音部の友達に誘われて文化祭で歌ったのが、人前に立つことが楽しいって思えるきっかけでしたし。いろいろ行動していた時期でした。

ーー最後に、見どころや読者へのメッセージをお願いします。

小林:純粋に人を好きになる気持ちを、晃太として演じられたらいいなと思っています。高校生らしい、ありのままの晃太として思い切り走り回りたいです。なんといっても、今回はリーゼント姿ですので!

佐藤:そうだ、あみあみの衣裳も着てましたね(笑)。

小林:メッシュの衣裳はこれから公開されるはず(笑)。初めて挑戦させていただくビジュアルですし、そういったところも楽しみつつ、皆さんといい舞台を作っていけたら。原作と併せて『わかば荘』の世界観を楽しんでいただきたいですし、ぜひ劇場に遊びに来てください!

佐藤:僕は今の段階でいうと、競馬のシーンが舞台上でどう描かるのかというのが個人的に気になっています。

小林:たしかに! 絶対必要なシーンだもんね。

佐藤:どんな演出になるんでしょうね? 今の時点では台本にしっかり競馬シーンがあるので、どう描かれるのかが楽しみです。物語的にもストレートで、事前知識なしでも楽しめる作品になっていますので、気軽に観に来ていただけたら嬉しいです。

(左から)佐藤祐吾、小林竜之

(左から)佐藤祐吾、小林竜之

取材・文=潮田茗    撮影=谷中理音